フォト
無料ブログはココログ

« サンシュユのほころびにこちらもほころぶ@神代植物公園 | トップページ | ネジバナの葉を見たことありますか@植物多様性センター »

2017年1月30日 (月)

一番の毛むくじゃらはメグスリノキ@専門講座でふゆめがっしょうだん

うわあすごい、枝まで毛に覆われてる。

真冬の植物観察会はどこでもロゼットや冬芽。

最初はあまり関心がなかったのですが、だんだん引き込まれてきました。

Img_1046

まあ上の写真をみてくださいよ。

毛に覆われてるとは説明があったけど、枝までびっしり。

冬芽の下にヒゲみたいにボサボサしてて枝まで続いてる。

まだ若い枝なので寒さから守る必要があるんでしょうね。

メグスリノキです。

寒さ対策で毛で覆う植物は多いけど、ここまで完全防備は珍しい。

標高700メートルくらいが生息域。

名前の通りに眼病予防に効きます。


Img_0948

この日は植物多様性センターの1月の専門講座「植物のおもしろ冬越し大作戦」

ロゼットや冬芽、厳寒期に咲く植物についてのお勉強。

冬芽は少々の寒さでは凍ったりしません。

ワックスで保護したり、毛皮で包んで守ってます。

講座が始まる前に情報館の本棚を眺めてたら、ぴったりの本が。

「ふゆめがっしょうだん」

昔々、子供と一緒に読んだものです。

その頃はほとんど興味がなかったけど、ようやく目覚めつつあります。


Img_1041

もう一つけで面白いのを。タブノキです。

うろこ状の鱗片が花びらにも見えます。

うろこのフチをよーく見ると赤い毛が生えてます。

赤いマスカラを塗ったまつげのようです。

タブノキを見つけたら近寄ってみてください。

肉眼でもはっきりわかります。

もうすこし材料がありますので続きます。

待ってる間にセツブンソウ、ユキワリイチゲ以外のスプリングエフェメラルも咲いてくるでしょう。


« サンシュユのほころびにこちらもほころぶ@神代植物公園 | トップページ | ネジバナの葉を見たことありますか@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンシュユのほころびにこちらもほころぶ@神代植物公園 | トップページ | ネジバナの葉を見たことありますか@植物多様性センター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31