フォト
無料ブログはココログ

« まだ滞在中だよニシオジロビタキ@武蔵野公園・府中市 | トップページ | 早くも見ごろの梅が・・マンサクも@神代植物公園 »

2017年1月 2日 (月)

鹿島の強さは小笠原の頭脳的ファウルと鉄壁DF@天皇杯決勝

鹿島の勝負強さはどこからくるんでしょう。

過密日程で疲れもあるのに危なげない試合ぶり。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんが分析します。

      shoe    shoe    shoe

鹿島2−1川崎F 

120分の激闘。川崎はまたしてもタイトルを取れませんでした。

圧倒的攻撃力を備えていながら何が足りないのでしょうか。

僕は守備のあと1歩、いや半歩の詰めに問題があるように思えました。

中盤と最終ライン。体を寄せるのですが、鹿島に比べて甘い。

その分、パスを出されやすくなって最終ラインが崩されてしまうのではないでしょうか。

チーム風間の最大の欠点かもしれません。


sagittariussagittarius

先制された場面。前半42分鹿島の右CK。

ライナーのキックが入ります。

鹿島・山本は1歩引いてから鋭いヘディングシュート。

これがゴールを捉えました。

フリーになるスペースを自ら作ったいい動きです。

逆に川崎は山本のマーカーが動きに対処できなかったから失点しました。

タラレバにはなりますが、もう半歩でも体を寄せていたら、ああまできれいに合わせられることはなかったでしょう。

cancercancer


川崎は再三攻め込みながら鹿島のしつこい守りになかなかゴールを割れません。

やっと後半9分、小林が魅せます。

中盤右サイドのボールにパスをもらいに行く動作。

相手がつられて反応すると、パスはすぐ横にいた三好に。

その瞬間、小林は縦に走っていました。

1人で3人目の動きをして見せたのです。

きれいなスルーパスが出て、相手のチャージも肩でブロックしながら切れ込んで同点ゴール。

頭脳と体の強さがもたらした一撃です。

さらに19分には同じような位置で相手マークを大きな切り返しで外して左足でシュート。

しかし、左ポストに嫌われてしまいます。ほんの10センチが勝敗を分けたとも言えます。 

結局、延長でファブリシオに込められて、涙をのみました。

runrun


鹿島の勝負強さは再三述べているように、昌子、植田の壁がしっかりしているからです。

めったなことでは真ん中は破られないのですから安心して前に行けます。

それと小笠原の確信的ファウル。

試合が始まると必ずといっていいくらいファーストコンタクトを厳しくします。

だからイエローをもらうこともあります。

相手を怯ますと同時に味方を鼓舞する意味もあります。

この試合も開始早々やってのけました。

が、顔色一つ変えません。背中で示すキャプテンらしいプレーでした。

libralibra


超ハードなスケジュールにもかかわらず、しかも金崎を欠きながらも120分を戦える鹿島。

守備力、技術もありますがメンタルこそが一番の武器なのかもしれません。


さて、風間監督、大久保が去る川崎。

足りなかった何かをつかめるのでしょうか。

チームの再構築が見ものです。

      karaoke      karaoke     karaoke

※紅白ひどかったですねえ。

司会者2人とも、たどたどしすぎて話になりません。

相葉に至ってはオリンピック・パラリンピックのコーナーで、パラリンピックの選手の紹介を2度にわたって飛ばす始末。

声も通らないし、なんで司会になったか疑問だらけ。


全体の演出も小芝居が多く時間の無駄遣い。

しかもつなぎのタイミングがずれっぱなし。

変な間ができて盛り上がりようがありません。まるで学芸会。

あれで視聴者が喜ぶと思っているところが時代遅れです。

ゴジラがなんなんだい?妙にいじくらず、もっと歌中心にした方がまだ見られますよ。

出たい歌手、聞きたい歌手がいっぱい残っています。

SMAPにすがった品格疑問の会長も交代することだし、紅白も原点に返った方が評価が上がりますよ。


                                      マチダ

« まだ滞在中だよニシオジロビタキ@武蔵野公園・府中市 | トップページ | 早くも見ごろの梅が・・マンサクも@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ滞在中だよニシオジロビタキ@武蔵野公園・府中市 | トップページ | 早くも見ごろの梅が・・マンサクも@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30