フォト
無料ブログはココログ

« ひと月違いのダイアモンド富士@府中市のどこからでしょうか | トップページ | 大みそかの深大寺風景 »

2016年12月28日 (水)

砂嘴(さし)の池はなぜか淡水・行ってみたいな大瀬崎@沼津市

伊豆七不思議の一つです。

突き出した砂嘴の真ん中に池があります。

大瀬神社境内にある神池。

最も近いところでは海から15mほどしか離れてません。

なのに淡水でコイやフナなどの淡水魚が生息してます。

海水が染み込んでるのならわかるけど、どうして淡水なんでしょう。

富士山の伏流水説なんてのもあるようです。

ここは伊豆半島の大瀬崎。

684年の大地の時に海底噴火などで隆起してできた島。

その後、砂れきが堆積して半島になった。

       fuji     fuji     fuji

ここを知ったのはNHK BSプレミアムの「発見!体感!にっぽん水紀行 富士山からの贈りもの」。

湧玉池や白糸の滝などを訪ねて最後に出てきたのが大瀬崎。

番組でも、富士山の伏流水説を紹介していた。

えっ、まさか。

沼津市内からバスで1時間20分もかかるところだよ。

伏流水はすべて駿河湾に注いでしまっているでしょう。

調べてみると噴出した溶岩と凝灰質角礫岩の間に染み込んだ水が湧水となっているようです。

神社があるでしょ。

ここはやや高くて池の方に下がっている。

くだいていうと、神社あたりに降った雨水などが池に注いでるといったことでしょうか。

残念ながら伏流水ではありません。

でも駿河湾越しの富士山もいいものだし、不思議な地形は見てみたいな。

        wave     wave     wave

もう一つ。

ちまたじゃ、えらい話題になってるそうですな。

ユーシンブルー。

知人のブログを見るまでは全く知りませんでした。

神奈川県山北町の玄倉川にある渓谷で丹沢の秘境と呼ばれているそうな。

Img_kurokura1

空の青よりももっと深いブルー。引き込まれそう。

写真は山北町観光協会から拝借。

三鷹からだと始発に乗らないと行けそうもないなあ。


« ひと月違いのダイアモンド富士@府中市のどこからでしょうか | トップページ | 大みそかの深大寺風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もう30年も前ですが、ダイビングで、何度か大瀬崎へ行ったことがあります。
海に囲まれた池に鯉が群れているのも不思議な光景ですが、
池に至る道にビャクシンの巨樹が生えていていて見応えがあります。
海に潜ると、青や赤の南方系の魚が群れていて竜宮城の様なありさまです。
海越しの富士の眺めもいいのでお勧めです。

芙蓉粋人さん。

ビャクシンは確か国の天然記念物に指定されてるんでしたよね。

海底は温泉でも湧き出してるんでしょうか。

見応え十分のスポットのようですね。

ますます行きたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひと月違いのダイアモンド富士@府中市のどこからでしょうか | トップページ | 大みそかの深大寺風景 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31