フォト
無料ブログはココログ

« ありゃま、子供の絵みたいな富士塚だこと・亀戸浅間神社@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その1 | トップページ | 猛毒六価クロムを埋めた公園に建つ廃墟の閘門(こうもん)@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その3 »

2016年12月22日 (木)

商店も民家も一軒もない駅・不思議だね・東大島駅@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その2

下調べであらかじめ歩いてくれた幹事さんが道すがら教えてくれました。

「東大島の駅って駅前に何もないの。公園になってるだけ。ヘンでしょ」

確かにおかしい。へっぽこ探偵の鼻がピクピク動きます。

Img_0400

右側の白い建物が駅舎です。

確かに南側出口には何もない。バスの停留所があるだけ。

ロータリーがあってすぐに公園。

お店は1軒もない。ましてや民家もマンションも建ってない。

東大島から日本橋の馬喰横山駅まで11分。

こんなに交通便利なところの駅前に何もないなんてわけがあるに違いない。

近くの中川船番所資料館の受付のおばちゃん(江東区に雇われてる従業員でしょう)に、そらっとぼけて訊いてみました。

「どうして何もないの」

「さあ、わかりません」。おばちゃん、答えたくないんでしょう。


Img_0421

資料館を出てちょいと行くと工事をやってます。

小松川第二ポンプ所建設工事。

「当該工事現場には、六価クロムを含んだ土壌があります」

明記してあります。

高濃度汚染土壌(六価クロム鉱さい)の処理量は約3000立方m。

(防水袋に詰めて、ポンプ所躯体内に封じ込めます

六価クロム 次汚染土の処理量約15,000立方m。

(還元処理し、構造物の埋戻し土として再利用します

なるほどそういうことですか。

六価クロム公害については聞いたことはあるが詳しくは知らない。

致死量は0.5グラムから1グラム。猛毒です。

こんな危険物を「封じ込め」たり「再利用」するんだ。いいのかなあ。


Img_0431

ポンプ所建設現場の全景。

向かいの小高くなった大島小松川公園から撮りました。

六価クロム事件の発端は都営地下鉄新宿線の工事だった。

この土地は都が日本化学工業から購入した。

1973年、地下鉄工事のボウリング調査で六価クロム鉱さいが埋まっていることが判明。

都と企業はこれをどうしたのか。

捨て場所に困った両者は駅前近くに処理をした六価クロムを積み上げ、その上に盛り土をして公園にした。

それが現在の大島小松川公園。

小高くなっているのは盛り土ですか。

     pencil   pencil    pencil

もっと詳しく知りたい方は「日本化学工業」「六価クロム」で検索してください。

いっぱいヒットします。

商業施設なんて作れないんです。作るにしても六価クロムをどこかに移さなければならない。

それで一等地の駅前を仕方なく公園にしてるということです。

     bomb    bomb     bomb

でも埋めたからって終わったわけではない。

今年の初めにも東大島駅近くの路上で六価クロムを含む地下水が地上に染み出したとみられる跡が見つかった。

都は還元剤をまいて水で洗浄したが、これって単なる対症療法だよね。

地下には大量に埋まってるんだから。

     boutique   boutique   boutique

ジュリア・ロバーツがアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞した映画がありました。

1341576207675132023771

2000年の「エリン・ブロコビッチ」。

実在の女性の名前です。

ひょんなことから弁護士のアシスタントになったシングルマザーのエリン。

超ミニのスカートに胸の開いた服。

アッパラパーのおねえちゃんがある記録から問題の匂いを嗅ぎます。

そして大企業が有害物質を垂れ流していることを突き止める。

それが六価クロム。

渋る住民たちを説得して集団訴訟に持ち込む。

法律には素人の女性が史上最高額3億ドル余の和解金を勝ち取ってしまうんです。

ハイヒールで聞き込みに走るジュリア・ロバーツの危なっかしさが印象的だった。


« ありゃま、子供の絵みたいな富士塚だこと・亀戸浅間神社@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その1 | トップページ | 猛毒六価クロムを埋めた公園に建つ廃墟の閘門(こうもん)@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

エリン・プロコビッチの映画にたどり着くって、すごい。あれも六価クロムだった。あの映画についての話題は、出てなかったのに、ピンポイントで思い出すなんて、たいしたものです。ストーリテラーとしても、一流ですね。

アキタさん、たまたまですよ。検索してたら引っかかっただけです。

映画は見てましたが、公害問題としか覚えていませんでした。

危なっかしいジュリア・ロバーツにハラハラしながら最後は応援して見てました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありゃま、子供の絵みたいな富士塚だこと・亀戸浅間神社@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その1 | トップページ | 猛毒六価クロムを埋めた公園に建つ廃墟の閘門(こうもん)@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の3回目その3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31