フォト
無料ブログはココログ

« 別の原種水仙も開花・ペチコートスイセン@神代植物公園 | トップページ | ダーウィンのランと春模様の温室@神代植物公園 »

2016年12月15日 (木)

堅守の鹿島が快挙、決勝進出@マチダは昌子の読みを称賛

幸運なPKで先制を許したアトレティコには焦りもあったのでしょう。

シュートを打っても打っても鹿島の堅守に跳ね返されました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは堅守の殊勲者に昌子を真っ先に挙げました。
   
       shoe    shoe     shoe

鹿島3−0アトレティコ・ナシオナル(南米)

Img_0282

快挙!思わず頬をつねりました。

誰も予想しなかったであろう鹿島、凄い。

石井監督えらい。曽ケ端やる―っ。なんてったって昌子。

libralibra


つくづく守りだなって思いました。

鹿島は立ち上がりからアトレティコの攻撃にさらされます。

サンダウンズのスピードと感覚のサッカーとは明らかに違います。

個の力はもちろん力強くそして組織されたサッカーです。

ぐいぐい来るのを鹿島DFは必死でこらえました。

scorpiusscorpius

特に昌子。読める選手です。

体が強いとか背が高いとか身体的なことだけではなく、頭の中がシャープだということです。

再三インタセプトしてチャンスのい結びつけていました。

前に出ることができるのは予測、

つまり相手の意図が読めるからです。

肉体的に引けを取らない植田をリードしてゴールを守り抜きました。

ピンチには全員守備とは言うものの、中央がしっかりしたチームは安心して攻撃ができます。


piscespisces


運も味方しました。

Tokyo

シュートがバーに当たったり、曽ケ端がサンダウンズ戦の勢いが残っていてゾーン状態でゴールを許しません。

極め付けが33分のPKです。

中盤やや左のFK。

蹴り込まれたボールから一番遠い位置にいた西がDFに足をひっかけられました。

審判が両手で四角く描くジェスチャー。

この大会で用いられた世界初のVARs(ビデオ判定)です。

歴史的キックを土居が決めて、もらいもののような1点で先制しました。

審判がお初を試してみたかったのかもしれません。

denimdenim


ツキを味方に前半を0点で終えます。

ただ、石井監督は時たまのカウンターで相手ゴールに迫っていたことで、南米王者の弱点を見抜いていたのではないでしょうか。


後半も10分を過ぎるあたりから、相手に攻め疲れの様子が見て取れるようになります。

打っても打っても決まらない。


時間は経過していくばかり。焦りも出ます。

鹿島の思うツボでしょう。

すると38分、左から柴崎がゴール前にクロス。

遠藤が走り込んでGKともつれるようになりながら、マイボールにすると落ち着いてヒールで無人ゴールへチョコン。

GKが飛び出せるかどうかぎりぎりに上げた柴崎のナイスプレーでした。

さらに85分、ダメを押します。

右サイドをお待たせ途中出場の金崎が走ります。

相手マークにもつぶされず、ゴロで折り返し。

GKの前を横切ったボールは、やはり途中交代の20歳・鈴木が歓喜のゴールです。


footfoot

攻め一方のアトレティコのゴール前はスカスカでした。

点を取らなくてはならない状態に追い込まれているのですからはやむを得ません。

確かに個人個人の技術は上回っていました。

しかし、パス回しにこだわり過ぎです。

もっと素早い縦の攻撃を織り交ぜていたら、無得点ということはなかったでしょう。

pencilpencil

前半からフル活動した小笠原を早めにに代え、満を持しての金崎投入。

最後は鈴木を使う大胆な石井采配。見事の一言。

アジア勢初の決勝進出は必然だった、は褒め過ぎでしょうか。

我慢の守備は勝つチャンスにつながると改めて知らされました。


                            マチダ

« 別の原種水仙も開花・ペチコートスイセン@神代植物公園 | トップページ | ダーウィンのランと春模様の温室@神代植物公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別の原種水仙も開花・ペチコートスイセン@神代植物公園 | トップページ | ダーウィンのランと春模様の温室@神代植物公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31