フォト
無料ブログはココログ

« 信州佐久の新そばを味わう・お酒は澤乃井・一番汲み@昭島の友人宅 | トップページ | 金色のじゅうたんふかふかと@野川公園 »

2016年12月 4日 (日)

あーあ の浦和、やっぱり勝てない原因は@マチダも苦笑

先制してから動きがちぐはぐになってましたね。

浦和は過剰な意識がプレッシャーとなって重くのしかかっていたようです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは「笑っちゃうしかない」。

さらに「サッカー界の稀勢の里」。力はあるのに勝てないのは「荒々しさの欠如」と分析してます。

       shoe     shoe     shoe


浦和1-2鹿島 もう笑っちゃいますね、浦和。

勝ちたいんだけれど勝てない。

ある意味、期待を裏切るところに魅力があるのかもしれません。

サッカー界の稀勢の里。力はあってもね、両者が対談すれば面白いし、案外出口が見つかるかも。

libralibra

初戦を1ー0で取って優位に立ったはずの浦和。

Img_0070


ところが心理的には鹿島が有利。

つまり2点を取りに行く試合、攻撃に重点をかければいいわけで、追うものの強みです。

逆に浦和は2点取られたらヤバイ。

それこそプレッシャーがハンパなかったでしょう。

立ち上がりはそんな気配も感じさせない試合運びでした。

前半7分、右スローインから高木が縦に抜け出しセンタリング。

相手マークを外して走り込んでいた興梠がダイレクトボレー。

力みもなく当てるだけ。きっちりゴール左を捉えました。

先制したとはいえ、状況は変わりません。

0-2になっても鹿島はアウエーの2点を取ればいいので、全く追い込まれた感はありません。

逆にこの1点で浦和の方がおかしくなってきました。

このまま逃げ切れば…。攻撃4、守り6の心理が芽生えたのではないでしょうか。

特にDF陣が受けに回りだします。

前に出てインタセプトする場面が激減します。

無意識のうちの恐怖心とでも言いましょうか、疲れてもいないのに足が止まっているようでした。

scorpiusscorpius

前半40分、今度はペースを握った鹿島が右サイドを破ります。

最終ラインからロングフィード。遠藤が相手に競り勝ちフリーで中央へ折り返します。

金崎が待ち構えていました。ダイビングヘッドでボールを強く地に叩きつけます。

GKが一番反応しにくい理想的、教科書通りのヘディングシュートは大きくバウンドしてゴール左に吸い込まれました。

こうなればイケイケドンドンに余計弾みがつきます。

後半34分には交代出場の鈴木が槙野のファウルを誘いPKをもらいます。

runrun


それにつけても槙野はどうしたんですかねえ。

鹿島の途切れのない攻めに苦しいのはわかります。

しかし、カウンター気味に左サイドを突かれてDFが薄くなっているのに、ボールに気を取られ背後を忘れていました。

走り込んでパスを受けた鈴木の後ろを追う形になって押し倒してしまいました。

体をぶつけるのが正しかったのか、足音だけを意識させるのか、難しいところ。

西川に任せたら、はタラレバでしかないかもしれません。

ああなる前にミスっているのですから。

アグレッシブなプレーヤーで頼もしい面もあります。

が、時たまポカをやらかします。

あだ名を進呈します。ポッカ槙野と。

capricornuscapricornus


浦和はうまいし圧倒的な力を持っています。

ただ欠けているのが、荒々しさ。

遮二無二プレーする選手が必要です。

パスワークを土台に理想的に点を取る。お上品過ぎるのかもしれません。

ペトロヴィッチ監督は風間前FC監督同様いい監督ではあるのですが、勝負師として何か足りないようです。

貪欲、非情、決断力とか。外から見えない部分です。

だから海千山千の鹿島からしてみればやりやすい相手です。

象徴的なのが金崎。懺悔の働きには目を見張りました。

相手を怯ませるほどの激しさに拍車がかかっていました。

浦和選手を蹴散らして突進。大逆転Vをもぎ取る原動力になりました。

少しは精神的に成長しているかもしれませんし、ハリルも再注目かも。。

原口、金崎、大迫でトリオを組むとどうなるか。見てみたい気もします。

ariesaries


下剋上リーグ。金儲けの手段はとりあえず海外での大口放送契約が決まったので今期で終了します。

各試合そのものは盛り上がりました。

だからよかったではないはずです。

リーグ戦自体を軽視するシステムには疑問です。

甘い汁を秘めた禁断のリンゴにまたいつ手を出すやら分かったものじゃありません。

年間チャンピオンを設けている限りはそのチームが優勝なのは当り前。

年間を通して勝ち点が3いないくらいなら決定戦を行ってもまだ納得できます。

15も違うチームがJ王者というのは浦和フアンでなくとも虚しさを感じます。

苦し紛れの特別試合ルールは1年を戦って1位になったチームをリスペクトしていません。

鹿島・遠藤が「実際のチヤンピオンは浦和。みんな分かっている」と言ったそうです。

苦肉の策だったとはいえリーグトップは襟を正して聞くべきでしょう。


                              マチダ

« 信州佐久の新そばを味わう・お酒は澤乃井・一番汲み@昭島の友人宅 | トップページ | 金色のじゅうたんふかふかと@野川公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信州佐久の新そばを味わう・お酒は澤乃井・一番汲み@昭島の友人宅 | トップページ | 金色のじゅうたんふかふかと@野川公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30