フォト
無料ブログはココログ

« ため息が出ちゃうよ・企画展「埴沙萠」@牧野記念庭園・練馬区大泉 | トップページ | 池面も染まったラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

2016年11月12日 (土)

亡き妻に捧げたスエコザサ@牧野記念庭園

笹を見たって違いは判別できませんがね。

でも、どんなものかは確かめておかないとね。

Dscn5954


これが有名なスエコザサ。

牧野富太郎博士が昭和2年(1927)に仙台近郊で発見した笹の新種。

実際にはアズマザサの変種のようです。

翌年、長いこと牧野を支えてきた妻の寿衛子が亡くなった。

借金だらけの生活苦にも文句を言わず、ずっと牧野を支えてきた夫人。

まさに内助の功。

せめて発見した笹の新種に夫人の名前をつけて永久に残したかったんでしょう。

シーボルトがアジサイにお滝さんの名前をつけたことには痛烈に批判してましたがね。

同時にこんな句を残しています。

「世の中の あらむかぎりや すゑ子笹」

葉が裏側に巻いて縦にシワが出るのが特徴とか。

Dscn5947

晩秋ですから花はあまりありません。

赤い実が目についたフユサンゴ。

初めて見ました。

ブラジル原産で明治中期にもたらされた。

ナス科です。

英語じゃクリスマスチェリー。なるほどね。

でもナス科ですから食べてはいけません。

Dscn5963

庭園の入口。

約2200㎡もあるから広いです。

ここに300種類以上の植物が植えられてます。

博士が生前に国内外で探し求めたものです。

仙台屋なんて桜もあります。

ヤマザクラの栽培変種で、ここの木が日本でいちばんの大木なんだそうです。

高知市内の仙台屋という店の前にあったのでセンダイヤ。

もちろん博士の命名です。


« ため息が出ちゃうよ・企画展「埴沙萠」@牧野記念庭園・練馬区大泉 | トップページ | 池面も染まったラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

懐かしい牧野記念庭園です。
大泉の小学校に通っていたので、牧野記念庭園は
遊び場であり、よく小学校で行った場所でした。
メタセコイアやアブラチャンを初めて見たのも
ここでした。
私が植物に興味を持つようになったきっかけは、
今、思えば、ここで遊んでいた経験から来るの
かなと思っています。

芙蓉酔人さん。

私は駅から歩きましたが、中央線方面からだと小学校前で降りるようですね。

食事時だったので、その前の蕎麦屋で昼食。

鳥南蛮が650円。安かった。

門を入ってすぐのダイオウマツが巨木で見とれてました。

高すぎてカメラには収まりませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ため息が出ちゃうよ・企画展「埴沙萠」@牧野記念庭園・練馬区大泉 | トップページ | 池面も染まったラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30