フォト
無料ブログはココログ

« 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 | トップページ | 冷え込んできたのでムラサキセンブリが開花@神代植物公園 »

2016年11月 6日 (日)

草紅葉 書をふところに 畦に来る・チョウジソウ@野川公園

ほとんどの花は咲き終わって、あとはリュウノウギクとアワコガネギクの盛りを迎えるくらいかな。

それでも木々の色づき具合などを愛でながら園内一周。

Dscn5860

あら、なんていい色合いなんでしょう。

つやつやしてて枯葉の切なさなんて感じさせない。

何色っていうんでしょう。

一面を紫の花で染めるチョウジソウ。

こんな紅葉の姿を見せるんですね。

何年も通ってるのに足を止めたことがなかった。

草紅葉もいいもんだなと初めて思いました。

もっとも秋桜子みたいに書なんか忍ばせてないですけどね。

持ってるのはカメラとルーペ、ペンとメモ帳。

すきあらば細部をのぞき込んでやろうと待ち構えてるだけですから。

江戸時代には「枯野見」なんて風流な習慣があったそうです。

草紅葉を楽しんだんです。

この歳になってようやく風流の「ふ」 くらいに入ったのかな。


Dscn5752

これなーんだ?

シュウカイドウの雌花です。

茎の先の方につく雄花はとうの昔に落ちてます。

すでに役目を終えてますから。

そこへ行くと雌花は受粉して種子を作って散布するまでがお仕事。

雄花と雌花の見分け方で雌花は三角、と言うのがよくわかります。

この三角が割れてタネが出てくるんでしょうね。

風散布なのかな。長い花柄が揺れてブランコの役割をするんでしょうか。

Dscn5876

イイギリの実が鈴なりです。

こちらは自然観察園ではなく近くの広場。

遠目からも赤い実が目立ちます。

葉が落ちても実が付いているが、ある日一斉になくなってしまう。

鳥たちの食べごろがあるんでしょう。

まあ、他の実を食べ尽くした頃です。

他にないので仕方なく食べに来るのかもしれません。


« 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 | トップページ | 冷え込んできたのでムラサキセンブリが開花@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 | トップページ | 冷え込んできたのでムラサキセンブリが開花@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30