フォト
無料ブログはココログ

« 長編復活?「終わらない人 宮崎駿」@NHKスペシャル | トップページ | 赤い葉っぱがコパトーン@植物多様性センター »

2016年11月16日 (水)

勝利の立役者は原口・大車輪の活躍@ハリルジャパンに曙光

美しかったですねえ。本田と長友のワンツー。

長友の絶妙の折り返しを香川が軽く触れてスルー、すかさず原口が落ち着いて決めました。

久しぶりに代表が輝きを取り戻しました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは殊勲者に原口と大迫をあげました。

2人ともよく動いてました。

      shoe      shoe     shoe

日本2-1サウジアラビア 

Dscn6066

失点がなければ満点に近い出来です。まあ85点というところで。

立役者は原口でしょう。

後半35分4戦連続ゴールの決勝点は久々に見る代表仕様のパスワークから生まれました。

左サイドで本田のパスに長友が縦に抜け出して持ち込み中央へ折り返します。

香川が軽くまたぎで触れると中央には走り込んだ原口が待ち構えていました。

落ち着いて右インサイドでゴール左に蹴り込みます。

見えていたプレーです。

もちろんスカッとする得点。

しかし、お膳立てもあることなので、むしろ僕は原口の試合を通してのランに二重丸です。

攻めるばかりでなく守りにも縦・横・斜めと大車輪でした。

息が上がっても休むことをしません。

序盤から後々のスタミナが心配されるくらい走り回っていました。

あれくらいでないと海外でレギュラークラスのポジションを獲得できないのでしょう。

かつては激しい性格が空回りしていて、あまり好きな選手ではありませんでした。


完全に生まれ変わっています。

今は、褒めても褒めても褒め過ぎることはありません。

runrun


大迫も親善試合の動きがダテではなかったことを証明しました。

Tichimen

得点こそなかったものの、中央での楔役と共に、シュートも狙える危険な存在をアピール。

体が強くなっています。

相手のチャージにも簡単に倒れません。

顔つきも引き締まって見えます。

彼も海外効果の一人でしょう。

scorpiusscorpius


清武は相変わらずうまい。

スペインでは出番に恵まれていないとはいえ、代表では完璧に近いまでのトップ下を演じました。

libralibra


DF陣は立ち上がりからひるむことなく、勇気をもって高いラインを保ち続けました。

中盤では山口、長谷部のチェックが効いて、サウジのカウンター攻撃の芽を摘み取って優位に立ちます。

惜しむらくは後半45分。真ん中へ固まり過ぎて右斜めにスルーパスを通されて失点してしまいました。

あと一息我慢できればなあー。

cancercancer


本田、香川、岡崎をベンチに置き、久保、大迫、清武の先発新布陣。

ハリル監督は一つの形をつかんだようです。

朧げに陽の光が見えてきたのかも…。

手応えありの采配に一番ホッとしているのは本人でしょうが。

そう思うと返す返すも初戦UAE戦での大島起用が悔やまれます。


                               マチダ

« 長編復活?「終わらない人 宮崎駿」@NHKスペシャル | トップページ | 赤い葉っぱがコパトーン@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長編復活?「終わらない人 宮崎駿」@NHKスペシャル | トップページ | 赤い葉っぱがコパトーン@植物多様性センター »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31