フォト
無料ブログはココログ

« 手作り感があったかい・植物ランプ展@神代植物公園 | トップページ | すみれの花のようなと名付けられたセントポーリア@神代植物公園 »

2016年11月24日 (木)

残念!ここぞで勝てない川崎

再三、いい形は作ってたんですがゴールを割れませんでした。

川崎を勝たせたいと応援してたんですが、あと一歩。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは経験値の差が大きいと分析してます。

        shoe     shoe       shoe


川崎0−1鹿島 優勝の2文字を味わったことのないクラブと、染み込んでいるクラブの違いなんでしょうかねえ。

川崎は引き分けてもいい試合です。

立ち上がりからそんな気配もなく攻めに出ていました。

新人・長谷川をトップに据え三好、大久保が支える配置。中村憲はベンチ。

一抹の不安はありましたが、もたつくほどではありません。

前半3分、鹿島のCKをかわしてカウンター。自陣左から三好が右の長谷川へロングパス。

しっかりマイボールにした長谷川のセンタリングに大久保がフリーで走り込んでいました。

ドンピシャリのボレーはゴールネットを揺らすはずでした。

が、右足にヒットしません。絶好のチャンスを逃します。

決まっていれば9割以上で勝ち上がれたでしょう。

footfoot

先行きを暗示する場面でもありました。

不運だったのは走れる長谷川が、21分に左のハムストリングを痛めて交代してしまったことです。

急きょ中村憲が投入され、大久保がトップに上がります。

まだ攻撃力が弱くなるほどではありません。

再三中盤でマイボールにします。

ところがなぜか縦への勝負パスが出ません。横か後ろ。

鹿島の守り方のうまさもあるのでしょうが、カウンターを食うのを怖がっているようです。

飛び出したい大久保のイラつきが画面を通して伝わってきます。

1点さえ取れば鹿島には2点の重みが加わるのに弱気です。

sagittariussagittarius

攻めあぐねていたら案の定です。

後半5分、左サイドからのスローインから金崎へピンポイントクロス。

体を投げ出して頭に当てゴール右に決められてしまいました。

これで五分の戦いになります。1点を取りに仕掛けます。

中村憲がゴール左前できれいなシュートフェイントでマークをかわした一撃もポスト左へ。

最後はパワープレーで圧をかけますが、鹿島の堅い守りは崩せませんでした。

piscespisces

ボールは動くけれど肝心な時に勝てないチーム。有り難くないチームイメージです。

大久保が3年連続得点王になってもチャンピオンには結びついていないわけで、何かが足りないのでしょう。

プロの第一条件は勝つことですから面白いだけで肝心な時にフィニッシュできないサッカーからはいい加減に卒業しなきゃ。

見世物じゃないんだから。

サポーターは空しい。

風間監督の残した業績は大いに評価すべきです。

しかし、これが限界かもしれません。

チームを去るのは賢明な選択です。チームにとっても同様。

ただ、後任監督はコーチが昇格するようです。手腕は?です。

サッカースタイルが変わるかにも?が付きます。

libralibra

鹿島はチームが練れています。

シーズン中にトラブルがあっても、ここまで巻き返したんですから。

1Sの覇者だけのことはある巧者です。

浦和が案外ビビっているんじゃないでしょうか。

                                      
                                マチダ

« 手作り感があったかい・植物ランプ展@神代植物公園 | トップページ | すみれの花のようなと名付けられたセントポーリア@神代植物公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手作り感があったかい・植物ランプ展@神代植物公園 | トップページ | すみれの花のようなと名付けられたセントポーリア@神代植物公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31