フォト
無料ブログはココログ

« 残念!ここぞで勝てない川崎 | トップページ | メタセコイアの紅葉・裏から見ると@神代植物公園 »

2016年11月24日 (木)

すみれの花のようなと名付けられたセントポーリア@神代植物公園

植物ランプ展の隣ではセントポーリア展。

ドイツ人のセントポーリアさんがタンザニアで発見したので、その名が付けられた。

学名はセントポーリア・イオナンタでスミレの花のようなという意味。

英語ではアフリカン・バイオレット。

Dscn6179

毎年この時期に展示会は行われるので知りましたが、それまでは聞いたこともなかった。

係の人に話しかけてみます。

「ベゴニアの仲間ですか」。そんな雰囲気だったもので。

「いえ、イワタバコ科です」

「意外だなあ」。イワタバコは毎年、高尾山に見に行っているのでぐっと身近に感じられます。

「花弁は5枚に見えますが実は1枚で根元でくっついてるんです」

接ぎ穂さえできれば、あとはいろいろ教えてくれます。

これなんか一番スミレっぽいかな。

花の保護のため赤紫のライトをつけてます。

実際はもっと青っぽい。

Dscn6195

発見したのは1892年。

タネと苗がドイツに送られ翌年にはベルギーの博覧会で花が紹介された。

現在では2万〜3万種くらいが作られているようです。

「湿気を嫌うので夏場が大変です」

イワタバコは滝のそばなど水のそばが適地ですが、高山の岩に生えてるからそんなに必要としない。


Dscn6192

水やりも水道水ではなくてミネラルウォーターだという。

上の写真はプリンセスマサコ。

花弁の淵にフリルがついて八重です。


Dscn6189

シロバナのボブセルビン。


« 残念!ここぞで勝てない川崎 | トップページ | メタセコイアの紅葉・裏から見ると@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念!ここぞで勝てない川崎 | トップページ | メタセコイアの紅葉・裏から見ると@神代植物公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31