フォト
無料ブログはココログ

« 東京都食用蛙組合なんてのがあったんです・江戸川区@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その3 | トップページ | 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 »

2016年11月 5日 (土)

チームがガタガタ、これじゃ陥落やむなし名古屋@マチダも怒punch

闘莉王を呼び戻してもガタガタになったチームは立て直せませんでした。

そもそも小倉氏を監督に据えたのが間違いの元。経験のない元人気選手を持ってきたってダメなのは最初から分かっていたでしょうに。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんもフロントを「時代遅れの経営」とバッサリ。

      shoe     shoe      shoe

名古屋1-3湘南 ついに陥落です。

闘莉王を呼び戻して、カンフル剤的な効果はあったものの、やはりチーム自体がガタガタです。

ひどい試合内容でした。

不名誉な大一番なのに覇気がまるで感じられません。

なんですかあの中盤は。

J2が決まっている湘南の縦走りについていけないんですから。

失点が怖くていじけていました。

相手は失うものはないからガンガン持ち味を出して攻めてきます。

なのにただズルズル下がるばかりで誰も1次チェックに行きません。

ほんの1、2秒でゴール前に持ち込まれます。

前半6分の失点なんて、誰かが相手との距離を詰めさえすれば未然に防げたはずです。

ゴール右でまるっきりフリーにするから、やすやすとミドルを決められて先手を取られてしまうんです。

目を覆いたくなります。

ariesaries


後半5分にPKで1-2として、さあこれからとなったものの、15分、闘莉王が1対1のボールを奪われ、とどめを刺されます。

右ライン際での攻防、らしくない奪われ方でした。

ただ、そのカバーリングに誰も行っていないところが大いに疑問。

2次、3次がなくゴール前はスカスカ。あれでは失点もやむを得ません。

全体を通して人数をかけたDFが見られず、相手ボールに対しても1人いればましな方で、あとは下がるのみ。

走っていないんですね。

特に中盤の運動量が足りないのが目につきました。

せっかくの飛び道具、永井を生かすシフトにもなっていなかったし3流でした。

taurustaurus

試合後、久米社長が「末代までの恥」とお詫びしていたけれど、ことが起きてからじゃ遅いででしょ。

あきれた言い訳ですよ。万死に値します。

何の経験もない小倉氏をGM監督にしたこと。闘莉王を切ったこと。不振なのに監督交代をためらったこと。

チーム設計という一番大事なフロントの役目を果たしていないんですから。

時代遅れの経営です。

それでも球団の収益は全体の4位ですって。

企業努力?ふざけるな。

親会社の資金力と顔とサポーターの熱ですよ。

今季ダメなのはシーズン前から予想できたことです。

それより僕は前西野監督の手腕にも疑問を持っていたので、ここしばらく上位は無理と見ていました。

それでもまさか陥落までとは…。

戦力分析、補強ポイント、クラブのサッカースタイル。哲学がありません。

名古屋らしい強いチームにするには監督の人選から始めないと。

単なる人気者を据えてもお飾りでしかないことくらい分かり切っているでしょうに。

しばらくもがくことしか手はありません。

まずはフロントの改革。

最近30~40代のプロスポーツ経営に関する理論家が育って野球でも腕を奮っています。

同じような野望を持った若者達がサッカー界にもいるはずです。

きっとウズウズしていますよ。思い切って登用してみてはどうでしょうか。

libralibra


浦和1-1横浜M 浦和は勝ち切れなかったのでしょうかねえ。

前半は完全に横浜に主導権を握られました。

気合の入り過ぎというより、負けられない硬さが勝っていたようです。

リズムが戻ったのは後半に入ってから。

やっと21分、4本のダイレクトパスをつなぎ、関根がシュート。

GKが弾くところに柏木が飛び込んでリードします。

しかし、追加点が奪えません。

ならばそのままゲームを〆れば強くなったと評価できるのですが、40分に追い付かれて何ともはや中途半端。

川崎が勝っていたかもしれないのですから零で終わらなきゃあ。ホームなんだし。

年間1位とはいえ、まだ正念場の1試合が残っています。

capricornuscapricornus


川崎2-3G大阪。川崎は前半で2-0とリードしながら、典型的な2-3試合を演じてしまいました。

先行型の川崎と後半型のガンバ。まさにです。

さすがガンバは老獪。リードを許しても弱点を突いてひっくり返すんですから。

とどめを刺したアジミウソンのゴール。

DFと競り合いながら左足でゴール左隅に転がし入れました。

外人選手のゴール感覚を見せつけられました。

横浜の同点ゴールもマルティノスです。

PE外でDFのマークが緩いと見るやミドルシュート。

決して大振りするわけでもなくコンパクトにミートしただけ。

それでもゴール右を捉えています。

広島のウタカもニアに蹴り込んで得点王です。

みんなここぞでは外さないんだもの。

たまたまですが日本人がまだ及ばない部分を3発見て感嘆させられました。

sagittariussagittarius


※AFCU-19選手権 日本快挙。しかも無失点です。

日本代表にしてはアッパレなDFです。

問題になっている守備力が少しアップしていると、好意的に受け取っておきます。


                                         マチダ

« 東京都食用蛙組合なんてのがあったんです・江戸川区@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その3 | トップページ | 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都食用蛙組合なんてのがあったんです・江戸川区@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その3 | トップページ | 無料なので2度も船堀タワーにのぼったよ@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の2回目その4 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30