フォト
無料ブログはココログ

« オヤマボクチをつなぎにしたそばを食べたいな@植物多様性センター | トップページ | 毛むくじゃらの風船・フウセントウワタ@神代植物公園 »

2016年10月29日 (土)

デイサービスの親身な世話に感謝・「今日は行かない」という母親を説得

きのうのことです。

要介護1の母親がデイサービスに通う日。

起床時から「腰が痛い」「家で寝てる」

いつものようにダダをこねてます。

慣れっこですから聞こえないふりをしてほっておきます。

そのうちに気が変わります。

迎えの車が来て介護士さんの声を聞けばいそいそと出かけていくのが日常です。

       bud      bud      bud

ところがきのうは迎えが来てもテコでも動きません。

Dscn5743

「行かないって言ってるんだから」とコタツにもぐりこんで動こうとしません。

いつもの介護士さんなら、なんとかなだめて車に乗せてくれるんですが、この日は男性ばかり。

「しょうがないでしょう」と迎えの方に詫びて、そのままにしておきました。

   clover   clover  

自室に戻ってパソコンなどいじっていると再び「ピンポーン」

急いでドアを開けるといつもの介護士さん。

家に上がってくれて「行きましょうよ。みんなが待ってますよ」

それでも「きょうは行かないの」

「お風呂に入って温まれば腰の痛いのも治りますよ」

肩を抱いて説得していただいて、なんとか通うことができました。

        maple      maple      maple

2度も迎えに来てくれるなんてありがたいことです。

介護施設で働く方はただでさえ重労働でしょう。

聞いたら、こうしたケースでは2度訪問するようにしてるとか。

お世話をかけてます。感謝。

        pc       pc       pc

先日、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀 介護施設経営者 加藤忠相」を見た。

藤沢でデイサービスを経営してる。

利用者の3割以上の要介護度が改善したという。

どうしているのか。

この施設には時間割やマニュアルがない。ルールを作らずに自由に過ごしてもらう。

料理がしたければ包丁を持たせる。買い物がしたければ外出する。

好きなことや得意なことをしていると、お年寄りの本来の力が引き出され、表情も明るくなっていくのだという。

        apple      apple      apple

以前、同級生が小金井で経営してるデイサービス「涼風」を紹介しました。

彼女も利用者のやる気を引き出すために様々な工夫をしている。

具体的に知りたい方はこちらで書いてます。

右のほうにあるカテゴリーの「介護の日々」をクリックすれば介護関係が探せます。

一人一人の行動を見守るためには人手も多く必要だろう。

母親を説得してくれたデイサービスも労をいとわずに2度も来てくれた。

家にこもっているよりも施設で談笑したりした方が本人のためにもなる。

現場で働く人たちの思いに感激した朝でした。


club club club

花の写真はウシハコベ。雌しべが5裂してるのが、普通のハコベとの違いです。

« オヤマボクチをつなぎにしたそばを食べたいな@植物多様性センター | トップページ | 毛むくじゃらの風船・フウセントウワタ@神代植物公園 »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

お母様の「行きたくない」という気持ち
誰だって、そんな日もありますよね。
真摯に向き合っているデイのスタッフ達
良いですね。
現場はほんとに大変だと思うのですが
心に寄り添えることが、ケアの本質だと感じます(^。^)

ちえみちゃん。

この1年はあっという間でした。

デイには助けられました。ありがたいことです。

ちゃんと看護師さんもいるので安心して面倒見てもらえます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オヤマボクチをつなぎにしたそばを食べたいな@植物多様性センター | トップページ | 毛むくじゃらの風船・フウセントウワタ@神代植物公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31