フォト
無料ブログはココログ

« 薔薇の桃色吐息@秋のバラフェス・神代植物公園 | トップページ | 紅葉は一部で色づきはじめ・見頃はいつも通りに11月中旬から@高尾山 »

2016年10月23日 (日)

浦和、次節こそ決めたい。ひたひた追う川崎が不気味@マチダのJ

浦和がなんとか勝って第2ステージ優勝に一歩近づきました。

追う川崎。憲剛が決めて逆転を狙ってます。

浦和はプレッシャーに弱いのでどうなりますか。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、冷や冷やものお勝利に一安心です。

       shoe     shoe      shoe

新潟1-2浦和 浦和は冷や汗ものの勝利です。

ガチガチに守備を固めて、カウンター狙いの新潟。

降格を逃れるためには負けられない試合。この布陣は致し方ないでしょう。

sagittariussagittarius

立ち上がりから勢いよく攻める浦和は前半7分に先制します。

興梠が中央で相手の裏に抜け出ます。

縦からのパス1本で難なくゴール。技ありです。

あまりにも早かったので気が緩んだのか以後攻めあぐねます。

柏木を欠いていたのも響きました。

サイドを使った有効なパスが少なく、完璧に崩しきれません。

もたついているうちに痛い目にあいます。

パスミスを突かれ、ラファエル・シルバにドリブル突破を許し失点。

逆に勢いを与えてしまいました。

libralibra


守って縦。新潟の徹底した作戦になかなか勝ち越しを決められません。

鋭いミドルでも狙えばいいのに、思い切りもなく、いたずらに時間は過ぎていきました。

引き分け濃厚のロスタイム、やっと流れるようなパスワークが飛び出します。

左の関根が縦に持ち込み、右アウトで真ん中へ。

DF3人に囲まれながらも素早いタッチで潜り抜け、球離れも絶妙でした。

これを途中出場の李がジャンプしてスルー。乗っているだけのことはあります。

ゴールじゃなくても間接アシスト。

走り込んでいた興梠が軽くミートして決勝ゴール。

無茶振りせず、肩の力も抜けていて、さすがに得点慣れしている余裕のプレーです。

五輪ロスのせいか一時不振だったのが、完全に復活しました。

airplaneairplane


川崎2-0広島 川崎もじりじりする内容でした。

攻めてははね返されの繰り返し。

後半39分、打開のミドルが飛び出します。

森谷がど真ん中から豪快に叩き込みました。

どのチームも攻めに苦しんでいる時には思い切り良く打つようになれば、ミドルのレベルも上がるはずです。

やればできるんだから。(ガンバの井手口も決めました)ロスタイムには憲剛が決めて後へは引きません。 

神戸が惨敗、横浜―G大阪は引き分けで2Sの大勢は見えてきたようです。

budbud

※ヤングなでしこは残念。

0-0のPK戦で惜しくも北朝鮮に敗れてU-17W杯連覇を逃しました。

圧倒的にゲームを支配しながら前半3度の決定的的チャンスを逃します。

1点でも決めておかないとズルズルいってしまうのでは、と危惧した通りになりました。

北朝鮮の体を張ったDFはすごい執念です。

見習うというより、その上をいくようにならないと。


主将の長野はスケールを感じさせます。

左サイドの宮澤のスピードも魅力です。

ストライカーとして注目された植木はドリブルなどはなめらかで、いいセンスしています。

ただ、シュートするためのボールコントロールが不正確。

これを磨かないとトップでは苦しい。


どうして日本のDF陣は男子も女子も守り下手なんですかね。

ドリブルしてくる相手に腰を落として構えてしまい、結局横への動きについていけずピンチを招きます。

点を取らなきゃ勝てない。だから攻撃に関しては様々な戦法が語られます。

しかし守備に関しては、先端の技術が伝えられていないように思われます。

0点に抑えれば負けないというのも真実です。

携帯で将棋ソフトを見て守りの研究でもしたらどんなものでしょう。


         マチダ

« 薔薇の桃色吐息@秋のバラフェス・神代植物公園 | トップページ | 紅葉は一部で色づきはじめ・見頃はいつも通りに11月中旬から@高尾山 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薔薇の桃色吐息@秋のバラフェス・神代植物公園 | トップページ | 紅葉は一部で色づきはじめ・見頃はいつも通りに11月中旬から@高尾山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31