フォト
無料ブログはココログ

« ひっそり咲いてたトリカブト@神代植物公園 | トップページ | デイサービスの親身な世話に感謝・「今日は行かない」という母親を説得 »

2016年10月28日 (金)

オヤマボクチをつなぎにしたそばを食べたいな@植物多様性センター

ようやく開花しました。

夏の終わりからトゲトゲだらけのつぼみをつけてたのがやっと開いた。

Dscn5740

咲いてるのは左下です。

シベが突き出て花粉が見えるでしょ。

西日本にはヤマボグチが分布して東がオヤマボクチ。

ボクチは火口(ほぐち)に使ったことから。

葉の裏には白い繊維がいっぱい見えます。

集めて火口にしたんです。


Dscn5737

開いた花を下からのぞき込むとこんな感じです。

宇宙生物みたいです。

菊やタンポポと同じで細く広がってるのが花弁です。

根は山ゴボウとして食べられるし、葉の裏の繊維は新潟の笹団子などに入れられる。

東京都の檜原村では草餅にする。

よもぎより美味しいのかなあ。

      bottle    bottle    bottle

長野県飯山村では繊維をそばのつなぎに使ってる。

「小麦粉でつなぐ普通の蕎麦より数段細いのに長くコシがあり弾けるような歯ごたえとつるっとした食感がクセにな

る十割蕎麦です。

宿では斑尾山の湧水を使った富倉蕎麦をご提供しています」。

とうたっているのは神楽坂の「酒蕎庵(しゅきょうあん)まろうど」。

勤め人の頃から名前だけは知っているが、まだ訪れたことがない。

Dscn5747

タネを弾き飛ばした後のゲンノショウコ。

この形から神輿草とも呼ばれてる。

一番手前のにまだタネがついてる。

キュウリのような長細いのの根元にあります。

このあとどうして飛ばすのか、見たことないなあ。

さっきはツリフネソウの実に触ってタネをパチパチ飛ばして遊んできました。

キュウリの下部がむけてカールした先端にタネを持ってくるんでしょうな。


« ひっそり咲いてたトリカブト@神代植物公園 | トップページ | デイサービスの親身な世話に感謝・「今日は行かない」という母親を説得 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

文面通り、ツルッとしたのど越しの良いそばです。
神楽坂の「まろうど」へは三度ほど行ったことがあります。
神楽坂というより、本多横丁出口付近のたしかビルの2Fです。
お蕎麦だけでなく、つまみやお酒も美味しい店ですよ。
新ソバの季節ですな。

さすが芙蓉酔人さん。粋な店はおさえてます。

喉越しのよい蕎麦ってどんな食感なんでしょう。ますます興味が湧いてきました。

ホームページを見たら、新そばを打ってるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひっそり咲いてたトリカブト@神代植物公園 | トップページ | デイサービスの親身な世話に感謝・「今日は行かない」という母親を説得 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31