フォト
無料ブログはココログ

« ♬いまはもう・・秋のバラフェスは8日から@神代植物公園 | トップページ | ゴールを切り裂いた蛍の一閃@本田の不調が気がかりとマチダ »

2016年10月 6日 (木)

近縁種が見当たらない不思議なアザミ・ハチジョウアザミ@植物多様性センター

なんとなく違いませんか。普通のアザミと。

頭花全体が丸みを帯びていてポンポンみたい。

Dscn5285

ハチジョウアザミです。

葉は厚いがトゲはそんなに痛くない。

八丈島ビジターセンターの「こっこめ通信」(2016年10月号)によりますと、

「現存する種で近縁なものは見当たらない不思議なアザミでもあります」

伊豆諸島で見られる日本の固有種です。

近縁が見当たらないということは、よほど古い時代に分化したんでしょうか。

同号には南風に乗ってくる昆虫が紹介されてました。

台風13号と10号が通り過ぎた後、ウスバキトンボとギンヤンマが急に増えたそうです。

タイリクアキアカネも見つかったそうで、となると八丈島初とか。

このように風に乗って昆虫ばかりでなく、花のタネも運ばれる。

ハチジョウアザミのタネもどこかから風に乗ってきたんでしょう。

     pencil   pencil   pencil

最近読んでる本に近藤富蔵という名が出てきた。

一家7人殺傷事件で八丈島に流された。

島での生活の中で「八丈実記」72巻を著したんです。

八丈島の歴史、風土、民俗などについて記し、柳田國男からも高く評価された。

目黒新富士を築いた近藤重蔵の息子です。

新富士は以前、訪ねました。こちらです。

読んでるのは柳田國男「地名の研究」と宮家準「霊山と日本人」(いずれも講談社学術文庫)

パラパラめくったけど探せませんでした。

「八丈実記」で、ハチジョウアザミについても江戸のアザミよりトゲが柔らかいとか記述してるんじゃないかなあなんて、勝手に想像してました。


Dscn5282

伊豆諸島つながりでアシタバ。

伊豆諸島に泊まると必ず食事に出てきます。(大島しか行ったことないけど)

胃の働きを整えたり、抗菌作用、高血圧の抑制、発がん物質の抑制などいろんな効果があるのはご存知ですね。

ほうれん草くらいの丈かと思い込んでいたけど、1メートルくらいになるんですね。


Dscn5274

ゴキヅルの実。

上と下で色が違ってるのがわかりますか。

熟すとこの真ん中からぱかっと割れる。

見たいなあ。

2つに割れるので合器(ごうき)。ふたの付いたお椀のことです。


« ♬いまはもう・・秋のバラフェスは8日から@神代植物公園 | トップページ | ゴールを切り裂いた蛍の一閃@本田の不調が気がかりとマチダ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♬いまはもう・・秋のバラフェスは8日から@神代植物公園 | トップページ | ゴールを切り裂いた蛍の一閃@本田の不調が気がかりとマチダ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30