フォト
無料ブログはココログ

« 攻めまくった広島、紙一重の敗戦@マチダのJ | トップページ | 国の天然記念物・日本一の松・小岩の善養寺@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その2 »

2016年9月27日 (火)

水戸黄門も迷った「八幡の藪知らず」・市川市@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その1

久しぶりの好天だった25日、千葉県市川市から東京都江戸川区を歩いてきました。

私の万歩計では3万歩を超えてました。(少ない人のでは2万歩。随分と開きがあるなあ)。

まずは都営新宿線の本八幡駅集合。ほとんどなじみのないところです。

Dscn5113

まずは駅近くの「八幡の藪知らず」

江戸時代に書かれた地誌や紀行文がすでに、この地のことを載せているという。

ということは、それ以前から入ってはいけない禁足地、入ったら出てこられないと言い伝えられていた。

しかも「諸国に聞こえて名高き所なり」。

さぞや深い藪と期待がふくらみます。

ところがなんと幅は18メートル、奥行きも18メートル。

うっそうとはしてますが狭い。

道路の拡幅で多少削られてはいますが、江戸時代もこの程度だったらしい。

しかも藪なのに孟宗竹が茂っていて竹林状態。

松、杉、柏、栗なども混じっていたようですが、いつの間にか竹に駆逐されてしまったみたい。

それなのになぜ?

ヤマトタケルの陣どころ跡、貴人の古墳、平将門追討のおり平貞盛が八門遁甲の陣を敷き、死門の一角を残した、

将門の家臣6人がこの地で泥人形になった・・・などなど諸説がありますが、定かではありません。

藪に入った水戸黄門が神の怒りに触れたなどの話もあり、錦絵にまで描かれた。

市川市の教育委員会は、かつてここで葛飾八幡の放生池があり、池に入ってはいけないということだけが伝えられたのではという説明です。


Dscn5125


向かいの参道を入っていくと葛飾八幡宮。

下総の一宮です。

目につくのが落雷にあって主幹が折れたために、根元から枝幹が伸びて多数の樹幹が寄り集まっ千本公孫樹。


国の天然記念物です。

樹高は23メートル、目通りが10.8メートル。推定樹齢は1200年。

立派なもんです。

八幡宮は寛平年間(879〜897)に宇多天皇の勅願によって石清水八幡を勧請したのが始まり。

平将門の献弊、源頼朝の改築、太田道灌の修復、徳川家康の御朱印地寄進など武人の崇敬が厚かった。

境内には頼朝駒どめの石もありました。

頼朝の馬が前足をかけたひづめの跡が残ってます。

挙兵が失敗に終わり、安房に逃れて再起を図った頼朝が千葉氏を味方につけて下総国府に陣を敷いた折に参拝したのだという。

駒どめ石を眺めてたら、先ほど千本公孫樹の説明をしてくれたおじさんが「ひづめの話はともかく頼朝が来たのは事実です」と教えてくれた。


隣に北原白秋の歌碑もあったのかな。忘れた。

「白秋は不倫事件で落胆していた時に市川に住んでいたんです。ところが当時は湿地が多く、やぶ蚊が多かったので閉口してすぐに引っ越してしまいました」

白秋のスキャンダルねえ。知りませんでした。

原宿に住んでいた時、隣家の妻俊子と恋仲になり、俊子の夫から姦通罪で訴えられた。

2人は未決監に2週間拘置されたが、弟の尽力で釈放、示談も成立した。

ところが、この事件で評判がガタ落ち。

俊子とは一緒になったがやがて離婚、江口章子と再婚して大正5年(1916)5月に住んだのが市川だった。

「妻とともに葛飾は真間の手古奈廟堂の片ほとり、亀井坊といふに、仮の宿を求む」

(「葛飾閑吟集」の序文)

真間の手古奈は万葉集にも詠まれた伝説の美女。

多くの男性に慕われたが、誰とも添わずに真間の入り江に身を投げたんです。


« 攻めまくった広島、紙一重の敗戦@マチダのJ | トップページ | 国の天然記念物・日本一の松・小岩の善養寺@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

北原白秋の不倫事件から真間の手児奈が出てくるとは思いませんでした。
高校の文化祭で音楽部がオペラ「真間の手児奈」を演じるという。前評判も良かったし、実際素晴らしかったと観た人の話。私は自分の部活で見に行かれなかったことが残念で、ずっと後々まで気になって。いつかオペラを見たい、真間に行きたい、と思い続けていまだに果たせず。
散歩人さんのブログに背中を押されたような気がします。有難う、そのうちきっと行きます。

言わんが姫さん。

私も白秋が手古奈につながるなんて書く前は思いもよりませんでした。

白秋も手古奈に憧れて住居に選んだんでしょう。

私も時間ができたら真間には行ってみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 攻めまくった広島、紙一重の敗戦@マチダのJ | トップページ | 国の天然記念物・日本一の松・小岩の善養寺@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31