フォト
無料ブログはココログ

« 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 | トップページ | マヤランが二度目のご奉公@神代植物公園ほか »

2016年9月10日 (土)

三内丸山で縄文人も食べていたツルマメ@神代植物公園の水生植物園

甘いものは好きじゃないけど豆は食べるようにしてます。

縄文人もダイズの野生種を栽培、三内丸山遺跡からはニワトコ、キイチゴ、ヒエ、イネ科の種子と並んでマメも出土している。

どうやら栽培していたようなんです。

Dscn4865

DNA解析を行ったところ、このマメはツルマメだとわかった。

マメ科ダイズ属で、ダイズの原種です。

染色体数も同じですので交雑も起こります。

もう少しすればサヤができて中に豆が入ってる。

ダイズの若いのですから枝豆。

従来、ダイズは中国で栽培がはじまり、列島に伝播したと考えられてきた。

ただツルマメは名前のようにつる性だがダイズは直立。

豆もツルマメはダイズの4、5分の1くらいしかない。

根気よくツルマメを選別してダイズになったのが列島にもたらされたのかもしれません。

Dscn4859

こちらはヤブツルアズキ。マメ科ササゲ属でアズキの原種です。

アズキの花と同じです。

アズキですから煮て砂糖を入れればお汁粉が出来上がります。

大量に豆を集めればの話ですが。


Dscn4855

ニラの花も咲いてました。


« 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 | トップページ | マヤランが二度目のご奉公@神代植物公園ほか »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 | トップページ | マヤランが二度目のご奉公@神代植物公園ほか »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31