フォト
無料ブログはココログ

« 変だよ、ハリルの采配。本田、香川も最悪@マチダが首をかしげる | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

2016年9月 8日 (木)

八百屋お七が恋焦がれた吉さんのその後@目黒区散歩その7・地下鉄の地上を歩く会の番外編

目黒雅叙園は豪華絢爛というか金ぴか趣味で有名みたいですなあ。

後で訪ねますが江戸時代までは明王院という大きなお寺がありました。

廃仏毀釈で廃寺になり、仏像などは行人坂を少し上った隣の大圓寺に引き取られました。

ということで大圓寺。案内人がお寺にお願いしてくれていたのですぐに阿弥陀堂に招じ入れてくれました。

Dscn4771

本尊は来迎阿弥陀三尊像。

西運上人が明王院内に常念仏堂を建立した時に本尊として祀った仏です。

その前には「お七地蔵」と伝えられる地蔵菩薩像。

西運上人は行人坂を石畳に直したり、目黒川にかかる橋を石の橋に造り替えたえらいお坊さんです。

      maple    maple    maple

阿弥陀堂内でお坊さんが大圓寺の縁起などを説明してくれました。

「西運上人は火あぶりの刑に処せられたお七さんなど世の苦悩にあえぐ人々を救済したい思いで、この三尊像を造らせたんでしょう」


「お七さん」とはっきり言いました。えっ、そうなの。

お寺を後にする時に「お七さんって、はっきり出てくるとは思わなかった」と誰かがびっくりしてました。

そう、西運上人こそお七が恋焦がれた小姓の吉三なんです。

お七の処刑後、吉三は剃髪して、お七の菩提を弔うために諸国を巡った。

そして目黒を終のすみかと定め、明王院境内に常念仏堂を建立したんです。

重要文化財の木造釈迦如来立像も特別に拝観させていただきました。

体の線が優しいお釈迦様でした。

Dscn4778

江戸三大火事の一つに数えられる行人坂の火事(明和9年、1772)。

火元はなんとこの大圓寺だったんです。

亡くなった人を供養するために造られたのが石仏群。

釈迦三尊像を中心に背後には500を超える羅漢像が並んでいる。

火事では女性や子供も犠牲になっているせいか、明らかに羅漢ではない像も混じっている。

上の写真は赤ん坊を抱く女性です。

聖母マリアとキリスト。なんて見る向きもあります。

他にも幾つか隠れキリシタンを思わせる羅漢像が紛れ込んでます。

探してみてください。


Dscn4798

坂を下って雅叙園にも行きました。

百段階段を舞台に「和のあかり」という催しをやってました。

最終日だったせいかにぎわってました。

「トイレがすごいのよ」

わたしゃ、そっちに興味がある。

上の写真が男性用の入り口です。フロント近くのトイレです。

ちゃんと用を足してきました。


« 変だよ、ハリルの采配。本田、香川も最悪@マチダが首をかしげる | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変だよ、ハリルの采配。本田、香川も最悪@マチダが首をかしげる | トップページ | 毎度おなじみタヌキマメ@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30