フォト
無料ブログはココログ

« 大正天皇生母・柳原愛子の墓・祐天寺墓地@目黒区散歩その2・地下鉄の地上を歩く会の番外編 | トップページ | ハリル監督の博打失敗で逆転負け@マチダも「あ〜あ」と落胆 »

2016年9月 1日 (木)

権之助坂のいわれ@目黒区散歩その3・地下鉄の地上を歩く会の番外編

目黒は坂が多い。武蔵野台地の端っこですから。

目黒区在住で、この日の案内人が探し当ててくれたのが菅沼権之助のお墓。

Dscn4708

区役所に訊ねたがなかなか分からずに、なおもきいてやっと知ってる方がいたという。

高級住宅街の通りから坂を下って、路地の奥に墓地はありました。

改葬で墓碑は新しくなっています。

何をした人でしょうか?

JR目黒駅近くの権之助坂を切り開いたんです。

昔、交通情報の渋滞地点で権之助坂がしばしば登場してた。最近は聞かないな。

バイパスを作ったからでしょうか。

権之助は元禄時代の中目黒田道の名主。


T_07_gonnosuke

それまで江戸と目黒を結ぶ道は、白金を通り行人坂を下って太鼓橋を渡り大鳥神社の前に抜けていた。

今でも変わりませんが行人坂は急な上に回り道。

目黒雅叙園の横の坂です。あとで往復しますが、大八車を引くのは容易じゃなかったでしょう。

これを見かねた権之助が幕府の許可を得ずに掟を破って新坂を開いた。

このため処刑されたので新坂を権之助坂と呼ぶようになったという。

昔のことですから異説もあって、年貢米の取り立てをゆるめてもらうように訴え出たための処刑されたとも。

こちらの説では、お縄になった権之助が坂の上から我が家を望んだために権之助坂になったという。


Dscn4717

「教会がある」と誰かが声に出してました。

コンクリのモダンな建物ですから、そう思うのも当然です。

でも少しヘンです。

チャペルにしては鐘がずんどうです。それに橦木(しゅもく)が見えます。

宝暦11年(1761)に建てられた浄土宗の律院長泉院なんです。

案内人が中に入っていきます。

何があるんでしょうか。何とお寺付属の現代彫刻美術館。

その模様は次回。

Dscn4706

初めて見る苗字の表札がありました。

木へんに寿はなんて読むんだ?

あれこれ調べたら白梼山で「かしやま」だそうです。

信濃国佐久郡小諸本町発祥の希少な姓です。

樫山家の長男が幕末維新の頃に分家して白梼山としたのが家祖。

国学を学んだんで、深い意味があるんでしょう。調べてみましょう。

古事記に 「平群の山のくま白梼が葉を うずに刺せ その子」という歌が出てきます。

ヤマトタケルの国しのび歌。

白梼で「かし」 と読ませてます。

弟が樫山家を継ぎ、その家系から樫山純三(オンワード樫山の創業者)、哲学者の樫山欽四郎(女優樫山文枝の父)が出た。

« 大正天皇生母・柳原愛子の墓・祐天寺墓地@目黒区散歩その2・地下鉄の地上を歩く会の番外編 | トップページ | ハリル監督の博打失敗で逆転負け@マチダも「あ〜あ」と落胆 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大正天皇生母・柳原愛子の墓・祐天寺墓地@目黒区散歩その2・地下鉄の地上を歩く会の番外編 | トップページ | ハリル監督の博打失敗で逆転負け@マチダも「あ〜あ」と落胆 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31