フォト
無料ブログはココログ

« やはりただ者じゃないぞ久保@キルギスに大勝 | トップページ | 天気も回復した週末が見ごろだよヒガンバナ@野川公園 »

2016年9月21日 (水)

虎退治ばかりじゃなくツルボの効用も再認識させた加藤清正@神代植物公園

いつもならツルボが終わってヒガンバナなんですが、今年は同時になってます。

どちらも救荒植物として大陸や半島からやってきた人が持ち込んだ史前帰化植物。

Dscn5008

鱗茎にはたくさんのデンプンがあり、アク抜きすれば食べられます。

戦中戦後はこれで飢えをしのいだこともあったようです。

おいしいかどうかは知りません。

ユリ科だったのがどうも変更になったみたいです。

クサスギカズラ科って聞き慣れないな。

ラテン語ではAsparagaceae。アスパラガスの仲間に入ったんでしょうか。

キジカクシが近いみたいですが、全然異なりますね。

そうそう加藤清正。

朝鮮出兵の折りに明時代の文献「救荒本草」を持ち帰った。

この中にツルボの記述があり、食用や薬用としてツルボが見直されるようになったんだって。

Dscn4996


リンボクが咲いてます。化石で有名なシダ植物のリンボクとは別物です。

バクチノキに咲き方が似てるなと思ったら近縁でした。

バラ科サクラ属。房状に咲くサクラにはウワミズザクラやイヌザクラがあります。

そっちの方の系統なんでしょう。

Dscn5014

オオハナワラビが顔を出してます。

ハナワラビってつくのもいっぱいあります。

近くにはアカハナワラビも出てます。

区別はつきません。名札があるのでそう思ってるだけです。

        rain     rain     rain

それにしても、今年の秋雨前線は長く居座ってます。

早く南下してくれないと散歩にもいけない。

スカッとした秋空を見上げたいもんです。

明日天気になーれ。


« やはりただ者じゃないぞ久保@キルギスに大勝 | トップページ | 天気も回復した週末が見ごろだよヒガンバナ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはりただ者じゃないぞ久保@キルギスに大勝 | トップページ | 天気も回復した週末が見ごろだよヒガンバナ@野川公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31