フォト
無料ブログはココログ

« ツリフネソウ、レモンエゴマなど@野川公園 | トップページ | 水戸黄門も迷った「八幡の藪知らず」・市川市@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その1 »

2016年9月26日 (月)

攻めまくった広島、紙一重の敗戦@マチダのJ

点差から見れば浦和完勝ですが、実際は紙一重だったようです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんが一味違った角度から分析。

      shoe     shoe     shoe


浦和3-0広島 浦和完勝のようですが、紙一重でした。

広島は立ち上がりから高め勝負に出ます。

引いて守るより攻めまくれ!でしょう。ガンガン行きます。

特に右サイド、ミキッチをフル活用して突破口を探ります。

前半32分、浦和・関根の背後を突くスルーパスからPKを得ました。

ところがこれをウタカが外してしまいます。

GK・西川の駆け引きとサポーターの声のアシストに多少影響されたかもしれません。

が、僕には長い芝に足を取られたように見えました。

その2分後、何とOGです。

先制していたはずが先制されちゃった。この落差は大きい。

それでも広島はスタイルを変えません。

sagittariussagittarius

浦和は高い位置を崩さない広島の隙間を突いて得点していきます。

自陣でボールを奪うと手間をかけず、ゴールに迫りました。

守りが、らしくない?ほど粘ったのが大きい。

2点や3点取られてもおかしくないほどのピンチを西川の好セーブと体を張った全員守備の意識の賜物でしょう。

西川の美技連発には異論はありません。

新聞見出しにも「神ってる」なんてありました。

cancercancer

しかし、やばいプレーも。

フィードの良さは折り紙付き。ロングキックでのアシストも記録しています。

ところが自信が思わぬピンチを招くことがあります。

この試合でもPEから出て、ワントラップ。

パスを出そうとして相手を探しているところを青山に咎められます。

さっと体を寄せられパスカットをされてしまいました。

慌てて追いかけて何とかCKに逃れたのですが、守護神としては褒められたプレーではありません。

ゴールはがら空きなんですから。

守るうえではいくらでも前に出てもいいでしょう。

しかし、攻めに関してはそれほど無理をして冷や汗をかく必要はないはずです。

日本代表選手としては反省!です。本人も苦笑いしていました。 

浦和の粘る守備と広島の果敢な攻め。いつもと違う戦い方でしたが、得点ほどには差がないきびきびした試合内容で◎。


名古屋は1-0勝利。闘莉王注射がじんわりのようですね。


                               マチダ

« ツリフネソウ、レモンエゴマなど@野川公園 | トップページ | 水戸黄門も迷った「八幡の藪知らず」・市川市@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツリフネソウ、レモンエゴマなど@野川公園 | トップページ | 水戸黄門も迷った「八幡の藪知らず」・市川市@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の1回目その1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30