フォト
無料ブログはココログ

« サッカーの神様が厳しく判断・予選敗退@マチダはOA枠のあり方に一言 | トップページ | 世田谷に伝わる哀しい話・サギソウ伝説@調布市野草園 »

2016年8月12日 (金)

はるばるインドから種が飛んできたんだって・ナンバンギセル@調布市野草園の近く

ナンバンギセルがうじゃうじゃ顔を出してました。

午前中と夜はオリンピック三昧ですが午後はアジイ、アジイと言いながらいつもの散歩。

花の時期をのがすわけにはいきませんからね。

Dscn4373

咲いてるかなと野草園隣の広場でススキの根元をのぞき込む。

いっぱい顔を出してます。この暑さがいいんでしょう。

何しろインドあたりが原産ですからね。なので学名もAeginetia indica。

タネの長さはなんと0.004ミリ。吹けば飛んでく小ささです。

分布を見るとインド、ネパール、ブータン、スリランカ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、バングラデシュ、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア。

そして日本、中国など。

インドから西ですね。

この小さなタネが偏西風に乗ってはるばる日本まで到着したんです。

もちろん、どこか中継地を経ながらでしょうけど。

植物の生存戦略に感動しましたね。

植物多様性センターのガイドウォークで教えてもらいました。

Dscn4380

野草園ではタカサゴユリがあちこちで咲いてました。

テッポウユリだと咲くのはもっと早いです。

名前の通りに台湾原産。

日本の統治時代に台湾の先住民を高砂族と呼んでいました。

なんで高砂なんだろうと思ったら沖縄語で台湾をタカサンゴと呼んでいたらしい。

Dscn4392

日本のクレマチスの一つ、センニンソウもいい香りを放ってます。

キンポウゲ科ですから毒なんですが、扁桃炎にもよく効くようです。

生の葉をよくもんで手首の内側に貼り付けて一昼夜。

手首に軽い痛みを覚える頃にはあら不思議、扁桃炎の痛みも取れてるんだって。

別名ウシノハコボレ。牛の歯も抜けてしまうので食べさせてはいけません。


« サッカーの神様が厳しく判断・予選敗退@マチダはOA枠のあり方に一言 | トップページ | 世田谷に伝わる哀しい話・サギソウ伝説@調布市野草園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

このところの暑さを思うと、インドから遥々種が飛んできて根付いた
というのも真実味が増します。
子供の頃から暑いのが大の苦手で、夏は涼しさを求めて、
信州の山々や北海道をうろついていました。

今はそうもいかないので、公園を横目でみつつ、空調の効いた、
美術館や博物館巡りをしています。
大宮にある「歴史と民族の博物館」で8月中「高麗郡1300年展」
をやっているので行ってみようと思っています。

芙蓉酔人さん。私は暑さは平気なので30度を超えたくらいならあまり汗もかきません。

高麗郡の企画、とっても興味があります。

行きたいなあ。

貴重な情報ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカーの神様が厳しく判断・予選敗退@マチダはOA枠のあり方に一言 | トップページ | 世田谷に伝わる哀しい話・サギソウ伝説@調布市野草園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30