フォト
無料ブログはココログ

« シモバシラが咲き出した@野川公園 | トップページ | 怪談累ヶ淵の怨霊を鎮めた祐天上人・祐天寺@目黒区散歩その1・地下鉄の地上を歩く会の番外編 »

2016年8月29日 (月)

まだまだ渋いよケンポナシ@神代植物公園

実じゃなくて果柄が甘くなるケンポナシ。

名前のいわれについてはこちらで書いてます。

Dscn4666

緑色の丸いのが実ですが、食べるところはありません。

実がくっついてる果柄が甘くなるんです。すでにふくらんできてます。

以前、落ちてるのをかじったら、なるほど梨の味がしました。

寒くなって実が黒くなってきたら食べられます。

でもどうしてこんな仕組みにしたんでしょうか。

植物の不思議は沢山あります。

果柄は熟すと濃い香りを放って枝から落ちます。

これと一緒に果実もタヌキやクマが食べます。

タネはあちこちに撒き散らされます。

これを哺乳類散布というそうです。

動物散布にはひっつき虫や鳥散布もあります。

タネは風で運ばれるのもあるし、山道などでは人間も運ぶ。

植物は動物のように動きませんが、こうしてタネによって移動してるんです。


Dscn4672

真っ赤かっか。すげえ赤です。

熱帯アメリカ原産のルコウソウ。縷紅草。

縷は細長くて糸のような。葉をみてください。細長くて糸みたいです。

本来は多年草だが寒さに弱いので日本では1年草扱い。

葉の広いマルバルコウソウは寒さも平気なので生け垣などにしがみついて咲いてるのを見たことがあります。


« シモバシラが咲き出した@野川公園 | トップページ | 怪談累ヶ淵の怨霊を鎮めた祐天上人・祐天寺@目黒区散歩その1・地下鉄の地上を歩く会の番外編 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シモバシラが咲き出した@野川公園 | トップページ | 怪談累ヶ淵の怨霊を鎮めた祐天上人・祐天寺@目黒区散歩その1・地下鉄の地上を歩く会の番外編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30