フォト
無料ブログはココログ

« 変わった花の続き・英語でブルーバタフライ@神代植物公園 | トップページ | アザミじゃないよ・タムラソウ@植物多様性センター »

2016年8月18日 (木)

♬ 青空、ひとりきり・・歌いたくなるよなイヌキクイモ@野川公園

♬ 悲しい人とは 会いたくもない

涙の言葉で 濡れたくはない

  青空 あの日の青空 ひとりきり  (井上陽水「青空、ひとりきり」)

台風一過の抜けるような青空。多分35度超えの酷暑。

イヌキクイモ元気いっぱいに咲いてます。

Dscn4492

夏は夏らしく。黄色い花が夏に立ち向かってます。

暑さなんぞに負けないぞと。

こちらも、そんな気にさせられて♬ 青空 ひとりきり・・なんて叫んでみたい気分。

池の水が濁ってるのは未明の大雨のせい。

キクイモを見たことはないんですが、姿では見分けがつきにくく芋を掘ってみないとわからないみたい。

もっとも近頃ではキクイモとイヌキクイモを同種とする見解もあるようです。


Dscn4463

おじさんが湧き水近くの木道にしゃがみ込んでました。

ここはオニヤンマがよくくるところです。

よく見ると50センチくらいの竹の棒を立ててます。おじさんからは20センチくらいのところ。

まさかオニヤンマが止まるんじゃないよね。赤とんぼじゃあるまいし。

ずっと見てたらなんとオニヤンマが止まってるじゃありませんか。

おじさん、ゆうゆうと至近距離でオニヤンマを撮影してます。

オニヤンマは1分以上、じっとしてました。

「あまり教えたくはないんだ。マネされると嫌だからね」

ということで写真は遠慮しました。

白い花はシロネ。白根。

丈は2メートル以上あるんですが、随分と小さな花です。

白い根は茹でて食用にするようです。

Dscn4477

アメリカイヌホオズキ。

花茎が一カ所から出ていればアメリカ。

少しずれているとイヌホオズキ。

ナス科ナス属ですのでホオズキ属のホオズキとは別種。

こちらは黒い実ができます。

ナスの花とそっくりです。


« 変わった花の続き・英語でブルーバタフライ@神代植物公園 | トップページ | アザミじゃないよ・タムラソウ@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

17日の朝は台風一過の晴天で、丹沢から奥多摩、大菩薩、秩父山系
に至るまでの山々がはっきりと見えましたね。
中でも夏の富士に朝日が当たり、赤い溶岩の色が一層赤味を増し、
まさに「赤富士」となりました。

多摩の自宅から見たのは、もちろん人生で初めてのことで、
マンションの廊下を朝からカメラを構えて右往左往してました。

芙蓉酔人さん。

赤富士見たかったなあ。我が家は2階だてなので残念ながら富士山は見えません。

近くのホームセンターの屋上に登らないと奥多摩も見渡せないんです。

次の台風一過は狙ってみます。開店の9時過ぎでも見られますかねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わった花の続き・英語でブルーバタフライ@神代植物公園 | トップページ | アザミじゃないよ・タムラソウ@植物多様性センター »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31