フォト
無料ブログはココログ

« OAの塩谷、藤春が機能してない・どころかウロウロするばかり@マチダさんもがっくり | トップページ | ハトさん、毒だけど大丈夫なの?@植物多様性センター »

2016年8月 6日 (土)

遠目はそっくりサンゴシトウとアメリカデイゴ@神代植物公園

去年、通りがかったおばちゃんに、こっちがサンゴシトウ、あちらはアメリカデイゴと教えたんだけどなあ。

1年経つと、はて? どっちがどっちだったっけ。

芝生広場の北側に並んで咲いてるので、遠目から判別したいんですが名札を見ないとあやふや。

いつまでたっても情けない。

Dscn4311

サンゴシトウ。珊瑚刺桐。枝や葉に棘があって葉が桐に似てる。

別名ヒシバデイゴ、菱葉梯梧。葉が菱形。

アメリカデイゴを交雑させた園芸種です。

記憶をたどるとデイゴという言葉は知ってるな。

でも、ただ符丁みたいに覚えてただけで真赤な花をつける植物とは認識してませんでした。


響きが南国っぽかったから片隅に残ってるんでしょうか。

きっと流行歌です。THE BOOMの「島唄」よりもずっと前。

「島のブルース」がヒットした三沢あけみに「真赤なデイゴ」というのがある。

これで知ったのか。

「花咲く季節に」にも ♬花は咲いたか デイゴの花は 遠い故郷 奄美の島よ・・とある。

でもずっと、今に至るまでデイゴの花は見たことがありません。

写真で見比べるとサンゴシトウがやや似てるかな。

Dscn4315

こちらがアメリカデイゴ。

メキシコでは花をサラダにしたり煮て食べるそうです。

花の上から真赤なお花を伸ばして、そこからシベが出てるのが特徴。

花の形は随分と違います。


« OAの塩谷、藤春が機能してない・どころかウロウロするばかり@マチダさんもがっくり | トップページ | ハトさん、毒だけど大丈夫なの?@植物多様性センター »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OAの塩谷、藤春が機能してない・どころかウロウロするばかり@マチダさんもがっくり | トップページ | ハトさん、毒だけど大丈夫なの?@植物多様性センター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30