フォト
無料ブログはココログ

« ばあさんのそばかすは絶滅危惧種・バアソブ@神代植物公園 | トップページ | 遠目はそっくりサンゴシトウとアメリカデイゴ@神代植物公園 »

2016年8月 5日 (金)

OAの塩谷、藤春が機能してない・どころかウロウロするばかり@マチダさんもがっくり

かねてから指摘されていたDF人のもろさ。

肝心なところで守りきれない。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさん、すっかり意気消沈してしまいました。

       shoe     shoe     shoe


日本4-5ナイジェリア DF大崩壊。危惧していた通り。

Dscn4330

トラブルで疲労困憊の相手に5失点はないでしょう。勝てるわけありませんわ。

あえて戦犯を上げると塩谷です。彼のミスで2点失っています。

2-2で同点、このまま前半を終えれば勝ち目は十分ある。

皮算用した42分、思わず天を仰ぎました。

真ん中から右に走った8番・エテボにロングパスが出されます。

塩谷がマークしていてボールにも早く追いついたように見えました。

ところが相手にするりと体を入れられてゴール間際まで持ち込まれてしまいます。

そこからパスを出され、シュートミス、クリアミスの応酬?からゴールを許してしまいました。

塩谷はうろうろするばかりで相手をつぶしきれません。

typhoontyphoon


後半もPKを与えます。

スローで見てもセーフのようですがその前がいただけない。

相手を2人で囲みながら突破を許してしまっています。

守りを固くするためのオーバーエージがこのざまでは示しがつかないでしょうに。

どこか悪いのでしようか。体が重そうで動きに切れがありません。

藤春も自らのパスミスが原因で失点につながりました。

ミスは仕方がないとはいえ、すべてが点に絡んでしまうとダメージは大きい。

rainrain

攻撃は細かいパスミスはあるもののそれなりに4点も取っているんですから。

Tokyo


フツーなら大勝ですよ。

守備陣の1対1の弱さは、ずいぶん前から指摘されています。

それでもなお攻撃の方ばかりに比重がかけられているようで、ちっともレベルが上がっていません。

後ろがしっかりしないことにはなんぼ攻めても…です。

あと2戦、修復は難しそうです。


ガックリ、力が抜けました。

downdown


ブラジル0-0南ア 大番狂わせ!。

南アは立ち上がりからひるまず、臆せず立ち向かいました。

引き分け狙いで引くのではなく、あわやゴールのシーンも。

守っては相手に抱きつくくらいに体を寄せてスピードを殺します。

さらにはフェイントをかける隙間さえも与えません。

たまにかわされても2番手、3番手が飛びかかります。

ブラジルは当初は余裕をこいていました。

しかし、南アの献身的な守備と勇敢な攻めに手を焼きだします。

徹底的なマークにあったネイマールのイラつきも画面を通して伝わってきました。

その密着具合は日本のDF陣に見習ってほしいところです。

flairflair

後半、南アはネイマールの潰し役に徹していた選手がイエロー2枚目を食らいます。

それほど悪質とは見えませんでしたが痛い退場です。

しかもその前に攻撃用のカードを切ったばかりでした。

当然作戦は引き分け狙いに変えざるを得ないものの、時間の問題のように見えました。

0点で凌ごうと専守防衛の南ア。1点を取りさえすればと嵩に懸かるブラジル。

1点を取り合う緊迫感とは違ったハラハラタイムを乗り切った南アに感動です。

11人のブラジル相手に10人で勝ち点を得たのですから、これはもう大健闘というより大番狂わせです。


                                        マチダ


« ばあさんのそばかすは絶滅危惧種・バアソブ@神代植物公園 | トップページ | 遠目はそっくりサンゴシトウとアメリカデイゴ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ばあさんのそばかすは絶滅危惧種・バアソブ@神代植物公園 | トップページ | 遠目はそっくりサンゴシトウとアメリカデイゴ@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30