フォト
無料ブログはココログ

« ♬君かわいいね の仲間アキカラマツ@野川公園 | トップページ | カノコユリも開いたよ@ポケモンのいない神代植物公園 »

2016年7月27日 (水)

北海道では困りものリストに・コウリンタンポポ@神代植物公園

7月の声を聞くと北海道の緑の原野は赤く染まるのだとか。

テレビで写すのはラベンダーの紫だったりするから全く知りませんがね。

赤の正体はコウリンタンポポ。

Dscn4196

武蔵野あたりじゃあまり見ません。というか、ここ以外では見たことがない。

北海道の気候が適合していたのか普通に見られるみたいです。

ヨーロッパ北部の原産なのでうなずけます。

独自に外来種をリストアップした北海道ブルーリストのA2に入ってます。

ヘラオオバコやブタナと一緒なのでありふれた状態で生育してるということでしょうか。

さて考えましたね。

コウリンて何だろうって。

コウリンで導き出されるのはコーリン鉛筆しかありません。(ちょっと表記が異なりますが)

トンボや三菱よりやや安かったのかな。使ったことあります。

名前を聞かないなと思ったら倒産してたんですね。

7、8年前にコーリン色鉛筆として再起したみたいだけど。

鉛筆は使わなくなったもんなあ。

答えは鉛筆とは関係なくて「紅輪」。

鉛筆の方も気になりますが、イギリスの有名な美人の名からとかありますが、その美人の存在を知りません。

Dscn4192

クサギという名とは正反対に花は芳香があります。

嫌わないで花を見かけたら顔を近づけてください。体の中がさわやかになって暑さが引いてきます。

葉は揉まないでください。

私はそれほどでもないですが、顔をしかめる人もいるでしょう。

ただし強い殺菌力があります。

匂いと殺菌力で虫から身を守ってるんでしょう。


Dscn4186

アサザです。

ガガブタもそうでしたが水生植物は花の縁がどうしてフリルみたいになってるんでしょう。

水に浮かびやすいのかしら。

水質汚染や護岸にために一時は絶滅危惧種に入ってました。

保存活動などが行われて現在は準絶滅危惧種。


« ♬君かわいいね の仲間アキカラマツ@野川公園 | トップページ | カノコユリも開いたよ@ポケモンのいない神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

暑さ厳しき中で、一服の清涼剤。

散歩人さんの散策の跡を歩いている気分です。

今日は「コーリン鉛筆」に、アタマの中の枯れかけたシナプシスが反応。

もしかして、三角の鉛筆がなかったかな~。消しゴム付で。

小学校の時、なんだか「ちょっと違う」感が気に入っていました。

コーリン鉛筆、懐かしいな~。

そういえば鉛筆をきれいに削れる人を、尊敬していました。

鉛筆削りも電動になって、物を大切にするこころが失われた気がします。あの音も、気にさわる。

シャーペンも便利ですが、このごろは出番が少ないですね。

最後に芯が必ず1センチくらいは残るのが、構造上仕方ないとはいえなんか不満。

シャー芯に穴を空ける技を競うとかって番組、「凄わざ」なんとかって再放送を見ようと思ったところでした。(録画予約して出勤)
へんなことに血道をあげる…人間っておもしろい。

やまけいさん、いつもありがとう。

私は鉛筆削は下手でした。筆箱に小型ナイフの肥後守が入っていました。綺麗に削ろうとすると、どんどん鉛筆が短くなってしまう有様。途中から小さな小型のプラスチックの鉛筆削に変わりました。

シャーペンは芯がポキポキ折れてしまうので使いませんでした。

三角のコーリン、なんか友達が持っていたような気がしますが記憶は曖昧です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♬君かわいいね の仲間アキカラマツ@野川公園 | トップページ | カノコユリも開いたよ@ポケモンのいない神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30