フォト
無料ブログはココログ

« 光る名波采配&植田がおかしい五輪が心配@マチダが磐田に注目 | トップページ | ヘラとサジもあるぞオモダカ(面高、沢瀉)@植物多様性センター »

2016年7月18日 (月)

なるほど小さい車です・オグルマ@水生植物園(神代植物公園)

サガミランのその後を偵察。しばらくは見られそうな状態です。

ハナショウブ畑の片隅から黄色い花が呼んでます。

Dscn4103

舌状花が細くて車輪を思わせます。

花を取ってクルクルクルっと回してみたいな。

猛スピードで車輪が回転してる感じになるのでしょうか。

それともチーズになっちゃうかな。

昔は田んぼのあぜ道などでよく見られたそうです。

国分寺の恋ケ窪の池に自生してるみたいです。


Dscn4099

この花がわからなかった。

葉がよく茂っているので幹が見えない。

同じ思いの人がいました。サガミランの後に見て気になったようで植物多様性センターで職員さんに質問してました。

ピンときてモニーターをのぞくと、この花です。

「タラノキよ」 えっそうなの。

こんなに葉の茂ったタラノキを見たことがない。

大概、若芽は摘まれてますからね。

幹が見えればトゲで見当もついたのに‥と負け惜しみ。

園路と木の間に小川が流れているので手が届かないんです。それが木には良かったんですね。

Dscn4064

この1か月以上神代植物公園の正門前に鳥見さんたちが集まってます。

ツミが巣を作って子供が誕生したようです。

砲列の先を目で追うと2羽、枝に止まってる。

野次馬ですから一応パチリ。

最小の猛禽類です。

スズメのように小さい(鳩くらいはあります)ので雀鷹。それがススミ、スミ、ツミになったとか。

ちょっと無理があるなあ。


« 光る名波采配&植田がおかしい五輪が心配@マチダが磐田に注目 | トップページ | ヘラとサジもあるぞオモダカ(面高、沢瀉)@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 光る名波采配&植田がおかしい五輪が心配@マチダが磐田に注目 | トップページ | ヘラとサジもあるぞオモダカ(面高、沢瀉)@植物多様性センター »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30