フォト
無料ブログはココログ

« 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 | トップページ | 不気味な黒点は鷹匠の弟の血か、はたまた聖ヨハネの処刑の痕跡か・オトギリソウ@植物多様性センター »

2016年7月 4日 (月)

北多摩じゃ絶滅危惧1A類・貴重だよキイトトンボが繁殖@植物多様性センター

職員のおねえさんが立ち止まってじっと見てます。花じゃなさそう、なんだろう。

「何を観察してるんですか」 「キイトトンボ。ヤブレガサのあたりでよく翔んでます」

トンボ好きのようです。

Dscn3808

最初は見つからなかったが1周してから戻って腰を落ち着けて観察。

ひらひら翔んですぐに草に止まった。

名前の通りに黄色です。草が保護色になってるけど目が慣れればすぐに見つけられます。

そういや去年も見たけどすっかり忘れてた。

何匹か確認しました。池で繁殖してるようです。

北多摩では1A類。絶滅寸前。西多摩でも1B類。ほっておくといなくなってしまう状態。

体調は3〜4センチ。かわいいよ。特に目を見てね。

これは♂。メスは緑色をしてます。


Dscn3818

普通に見られるトンボだそうですが、観察力が足りないために初見です。

まあ見てるのに気づいてないんでしょう。

コシアキトンボ。

腰のあたりの白い部分が空いてるみたいなので腰空トンボ。

メスと若い個体は白い帯が黄色。


Dscn3838

ショウジョウトンボ。猩々は赤い顔をした伝説の生物。

真っ赤っかですね。

これまで赤いのはみんな赤とんぼで済ませてましたが、ひとつ利口になりました。

これも♂です。


Dscn3843

「あれなあに」って聞かれたんですが「シオカラトンボだろ」っていい加減に答えてました。

いかにモノを見てないか。いい加減で適当なのがバレてしまいました。

オオシオカラトンボです。もちろん♂。

腰から下がブルーになっていて顔が黒い。

シオカラは水色で、腰から下は白くて細くなってます。

30分くらいで随分と勉強したなあ。余は満足じゃ。


« 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 | トップページ | 不気味な黒点は鷹匠の弟の血か、はたまた聖ヨハネの処刑の痕跡か・オトギリソウ@植物多様性センター »

調布市」カテゴリの記事

コメント

わらわも満足じゃ♪ くるしゅうない

…なんちゃって、毎度ごちそうさまです。

あたまはいっぱいいっぱいで、もう入りません。(笑)

子どもの頃、イトトンボなんて、近くの川辺でそこいらじゅう飛んでました。

胴体が細くてちょっとかわいくないかったので、虫…無視してました。

いろんな生き物がいなくなってきました。

気がつけば、あれもこれも。 スズメも減ったし。

そして誰もいなくなった…  の未来が遠くない気がします。どうすりゃいいのサ

ぽちさん。

とんとヒバリの鳴き声を聞いてません。ずっと昔は麦畑に巣を作ってたのに、もういないようです。

ヒバリの巣を探して遊んだものです。巣の近くには下りないんです。少し遠くに降りてから歩いて巣まで。賢いのでどっちに歩くのか目で追ってから巣を確認しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 | トップページ | 不気味な黒点は鷹匠の弟の血か、はたまた聖ヨハネの処刑の痕跡か・オトギリソウ@植物多様性センター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30