フォト
無料ブログはココログ

« 学名ゲイシャ。ウソみたいなホントの話です@植物多様性センター | トップページ | ブラジルに完敗・五輪代表 »

2016年7月31日 (日)

ただいま約250輪開花・御岳山のレンゲショウマ@植物多様性センターも見頃

レンゲショウマが咲き進んできました。

2カ所あって日の当たるところより日影にある方が色が澄んでます。

例によって知らないおばちゃんとお話。

Dscn4246

「御岳山は行かれるんですか」

「お友達のお宅が遅れお盆で8月2日が送り火。なのでお盆過ぎの3日にいきます」

「ちょうど良さそうですね」

で、ビジターセンターの情報を見たら7月31日段階で富士峰園地で約250輪。

27日は100輪に満たなかったから随分と咲き進んでます。

見頃は例年通りに8月中旬だそうです。

富士峰園地周辺では、ほかにミヤマタニワタシ、ヤマジノホトトギス、ソバナ、タマアジサイなど

ロックガーデンではイワタバコ、タマガワホトトギスも咲き始めたそう。

       bud    bud     bud

「遅れお盆」と言ったかどうか、記憶が曖昧。

三鷹あたりは旧盆でも新盆でもないところが多い。

昭和30年代までは農村でしたからね。

畑仕事のために時期をずらしてると思い込んでました。

いつも行く肉屋の親父と話してたら蚕のためだそうです。

7月が終われば蚕もマユを作って出荷が終わる。

「うちも蚕をやってましたから」と肉屋の親父。

そういえば子供の頃には桑畑があちこちにありました。

貴重な現金収入だったんでしょう。

Dscn4251

ヒヨドリジョウゴ。

ヒヨドリは4月ごろにいなくなって10月ごろに戻ってくる冬鳥だったのが、近頃は一年中とどまってる留鳥になってるのも見られる。

南の方にいたのが冬に東京にやってきて、そのまま居ついたもののようです。

なんでも食べるけど蜜を吸ったり果実も大好き。

熱帯に住んでいたヒヨドリの祖先の名残だそうです。

ヒヨドリジョウゴの赤い実も、いつの間にかなくなってる。

もっと小さな鳥かもしれませんがヒヨドリにせいにされてます。

« 学名ゲイシャ。ウソみたいなホントの話です@植物多様性センター | トップページ | ブラジルに完敗・五輪代表 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

そういうことでしたか。
今朝、深大寺へ行ったとき、迎え火の準備をしていたので、
いつも行く、そば屋の親父に聞いてみたら、
「うちのお盆は明日です」と言っていました。
全国でも多摩のこの地域の習慣のようですね。

芙蓉酔人さん。私もようやく納得できました。

マユは桑都の八王子に出荷してたんでしょうか。

肉屋のオヤジの話では三鷹でも上連雀は新暦に変えてしまったようです。もう農家もほとんどなくなりましたから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学名ゲイシャ。ウソみたいなホントの話です@植物多様性センター | トップページ | ブラジルに完敗・五輪代表 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31