フォト
無料ブログはココログ

« キレンゲショウマが咲いてるよ、レンゲショウマはまだです@調布市野草園 | トップページ | 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 »

2016年7月 3日 (日)

さすが遠藤、王者鹿島を撃破@マチダも絶賛

早くも第2ステージが開幕しました。第1節から混戦模様です。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは遠藤のCKに舌を巻きました。

          shoe     shoe      shoe


鹿島1−3G大阪 鹿島が躓きました。リーグ随一のはずだったDF、昌子と植田がやられるとは。

1−1と同点にされた後、左右のCKから失点します。

相手キッカーはいずれも遠藤。

後半15分、右からのキックはファーの位置へカーブを描いて飛びます。


待ち構えていたのが今野。フリーでした。頭で叩き込まれました。

昌子は一応ジャンプをしたものの、中途半端でボールに届きません。

今野が詰めていることに気づかなかったに違いありません。

さらに28分、今度は左。低くニアの金の頭にぴったり合わされます。

移籍確実のカイオが欠場、タフマン金崎も足に違和感があるとかでベンチ外。

暑ささも手伝ってかモチベーションがイマイチでした。

緊迫感がないのですから、やられて当然です。

大阪は宇佐美が移籍しても大森がいい動きをしていました。

前半26分の同点シュートは、体が伸び切っている状態ながらダイレクトでゴールを狙った感覚が光りました。


持ち直したくなるのによく我慢しました。

遠藤、さすがです。いうことありません。

scorpiusscorpius

福岡1−2浦和 興梠のテクが光りました。

前半23分、槙野がPKを与えレッド退場。早々に10人での戦いを強いられました。

前半終了間際、同点に追いつくと後半19分にハイライトが。

興梠が右サイドで柏木の縦パスを受けます。

DFを背にアウトサイドで2回タッチしながら体を内側に回転、そのままシュート。

ハナから狙うと決めていた打ち方です。

ボールは地を這いGKの脇の下をすり抜けていきました。

おそらく予想外のタイミングだったのでしょう。業ありです。

sprinklesprinkle

福岡はまたしてもリードを守り切れませんでした。

ロスタイムに同点かと思われるゴール前の混戦がありました。判定はノーゴールです。

テレビのスローでは入ったように見えました。

幻のゴールを含めてチーム力があと一息。勝つための戦い方が身についていないようです。


wavewave


※EURO おもろいですね。

ウェールズが世界ランク2位のベルギーを3−1で撃破しました。

先制されても体を張った強い当たりで技に対抗。

ゴール前には常に6、7人が下がっていてパスやシュートの隙間を作らせません。

相手に対しての間合いも足を出せば当たる極接近でゴール死守。

前半31分、右CKから同点に追いつくと、リズムが出てきてイケイケ。

後半2点を加え強国をたたきのめしました。

下剋上大会を象徴する試合でした。

capricornuscapricornus

ベルギーは前半13分に先制すると、なぜか引いて受けるようになります。

監督指示なのか、選手が1点こっきりで勝てると判断したのかはわかりません。

いささか自信過剰ぎみで、なめた試合運びで墓穴を掘りました。

annoyannoy

ドイツVSイタリアは死闘。1—1の延長でも決着がつかずPK戦。

ドイツのGKがノイアー、イタリアはブッフォン。

世界ベスト3に入る名手の対決でもあり見ものでした。

9人が蹴り6−5でドイツが公式戦で初めてイタリアを破りました。

それにしても名GKを前にして両チームのキッカーが考えられないようなミスをしています。

存在感というか威圧感はさすが。

                                      
                            マチダ


« キレンゲショウマが咲いてるよ、レンゲショウマはまだです@調布市野草園 | トップページ | 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キレンゲショウマが咲いてるよ、レンゲショウマはまだです@調布市野草園 | トップページ | 鈴懸がよくわからんがスズカケソウが見頃です@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30