フォト
無料ブログはココログ

« 参道から一歩入れば谷戸(やと)が広がってた・清正井など@明治神宮 | トップページ | ヤマユリ、ハス、ケンポナシ・・にぎやかになってきました@神代植物公園 »

2016年6月27日 (月)

マヤランが当たり年@神代植物公園などあちこち

何本生えてるんでしょうか。15〜16本はありますね。

散歩人生開始の頃は珍しがってましたが、今じゃ梅雨時にはおなじみ。

Dscn3713

雑木林があればどこでも見かけます。マヤラン。

インドじゃなくて神戸の摩耶山で見つかった。

限られた場所だけですが、環境保全の取り組みが実ってきているのでしょう。

分布はパキスタンから日本までと広い。

ランのタネはとっても小さいから偏西風に乗ってはるばるやってきたのでしょう。

ススキに寄生するナンバンギセルも、そうやって旅をして列島にたどり着いたそうです。

花の赤紫の模様がないのがサガミラン。水生植物園に見に行かなくちゃ。


Dscn3666

ハナイカダの実が黒くなってます。

筏師が巧みに操って荒波を乗り切ってるように見えますか。

多摩川の土手近くには今でもいかだ道が残ってます。

奥多摩で切り出した木材をいかだに組んで多摩川を下ったんです。

大正くらいまで見られた光景です。


Dscn3664

フサフジウツギが目立ちます。

いくつ花がついてるんでしょう。

中国原産ですが秩父などで見られるのは在来種との説もあります。

« 参道から一歩入れば谷戸(やと)が広がってた・清正井など@明治神宮 | トップページ | ヤマユリ、ハス、ケンポナシ・・にぎやかになってきました@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 参道から一歩入れば谷戸(やと)が広がってた・清正井など@明治神宮 | トップページ | ヤマユリ、ハス、ケンポナシ・・にぎやかになってきました@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30