フォト
無料ブログはココログ

« サカキは栄える木の略じゃないみたい@神代植物公園 | トップページ | 夏の花が次々に‥チダケサシ、バイカアマチャなど@神代植物公園 »

2016年6月20日 (月)

あーあとため息が出ちゃう川崎@守備が脆いとマチダが指摘

憲剛を欠いたとはいえ最下位相手に引き分け。手中にしていた優勝が風前の灯。

A大サッカー部OBのマチダさんは、プレッシャーは認めながらも守備のもろさを指摘します。

    shoe    shoe     shoe

福岡2−2川崎F なんとも川崎。中村憲が腰痛で欠場とは。

要を欠いて動揺?だったら優勝の資格はないですね。

確かに痛い。しかし、相手が福岡です。リードを許しても、まくり切らなくちゃ。

footfoot

引いて守るのではと思われた福岡は敢然と前線プレスに出ます。

ボールを奪ったら前へ。

失うものがない強みでしょうか。

他チームの成績にもよりますが最下位を免れるのには勝つしかありません。

これに対し川崎は受けに回って押し込まれました。

9分福岡が先制します。

GKのキックをウェリントンが頭で逸らすと、邦本—金森と渡りゴール。

落ち着いてGKの動きを見て右隅に決めました。

金森は15分にもゴール左へ飛び出して2点目。

このゴールも力むことなく右コースへ転がしました。流石です。

cancercancer


川崎は30分すぎからペースを取り戻しました。

前半終了間際に1点を返し後半にかけます。

しかしPKで引き分けに持ち込むのが精一杯でした。

初優勝のプレッシャーはどのチームも体験するものです。

そんなことでもたついていたんではいつまでたってもVの字はモノにできませんよ。

川崎は攻撃力はあります。それに比べてDFが意外と脆い。原因は見えているはずです。

首位転落、残り1試合。なんとも川崎。

ariesaries

V逸した浦和も同様です。得点力不足とは言うもののDF、特に真ん中が弱過ぎます。

肝心な時にやられます。

鹿島が浮上した要因の一つは守りの真ん中に抜群の2人がいるから。

現時点で総得点は27でリーグ3位、失点は10でトップです。


代表にも言えることですが、得点力については毎度話題になります。

でも、よく考えれば0に押さえれば負けないわけで、もっとDF強化に目を向けるべきです。

強い奴を発掘しないと。

UEFAでオーストリアがポルトガルに引き分けたのも失点しなかったからでしょう。

もちろんツキを味方につけた部分もありましたが、0で凌いだのはDFが要所で踏ん張った結果です。

攻めに関してはもたついていました。

守りも完璧というわけではなかった。

ただ、体の使い方がうまい。

相手にぶつけるのは当然として、ボールを奪ったり相手の圧力を交わす身のこなし方は、日本代表が見習うべきところです。

                                  眠過ぎるマチダ

« サカキは栄える木の略じゃないみたい@神代植物公園 | トップページ | 夏の花が次々に‥チダケサシ、バイカアマチャなど@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サカキは栄える木の略じゃないみたい@神代植物公園 | トップページ | 夏の花が次々に‥チダケサシ、バイカアマチャなど@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30