フォト
無料ブログはココログ

« おばちゃんと一緒に「猫の乳」鑑賞@神代植物公園 | トップページ | DFは負傷離脱中の岩波・五輪代表決まる »

2016年6月30日 (木)

コケの世界をのぞいてみたよ・ゼニゴケ、サヤゴケ@植物多様性センター

コケ入門の本を買ったのですが一度読んでそれっきりです。

でも誰かが教えてくれるなら勉強してみたい。

⬇️ この写真をみてください。こんな世界が広がってるんですよ。

Dscn3757

小さい花がいっぱい咲いてるようでしょ。

職員のおねえさんが「ここで観察しましょう」。ケヤキの幹についてるコケをルーペで拡大してみます。

あーら不思議。緑一色だと思ってたのに紅があるんですね。

このコケはサヤゴケ。

突き出てるのは胞子体。この中に緑色の胞子が入ってます。

面白い。実に興味深い。やみつきになっちゃうかも。

日本全国どこでも見られます。

⬇️ 続いてはゼニゴケ。

Dscn3747

毎週顔を出してるガイドウォーク。この日のテーマがコケだったんです。

生えてるのはわかってますがコケなんてじっくり観察したことはない。

ど素人でも面白がるのを職員さんが選んでくれてるんです。

ゼニゴケはどこがポイントなんでしょうか?

真ん中とやや右上にお茶碗みたいなのが見えますか。

無性芽器といいます。このカップがゼニゴケ属の特徴です。

お茶碗の中に無性芽が入ってます。

雨粒がポツンと落ちると中に入ってる無性芽(精細胞)も一緒に跳ね上がって遠くにとんでいきます。

参加者は夢中でルーペを覗き込んで未知の世界に浸ってました。


Dscn3702

シマホタルブクロが咲き出しました。

ホタルブクロの海岸型の変種です。

全体に小型で葉が厚い。

袋も開き気味で、これじゃホタルが逃げちゃいます。

去年からお目見えしてますが海岸よりも厳しくない環境なので随分と増えてます。


« おばちゃんと一緒に「猫の乳」鑑賞@神代植物公園 | トップページ | DFは負傷離脱中の岩波・五輪代表決まる »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

最近はコケもちょっとしたブームのようですね。
八ヶ岳の白駒池周辺には美しいコケの世界が広がっています。
かつては登山者くらいでしたが、今や観光バスでやってきます。

それ程遠くへ行かなくても、鎌倉にいくつかコケの庭の美しい
お寺を見つけ、梅雨の間に訪れようと計画しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おばちゃんと一緒に「猫の乳」鑑賞@神代植物公園 | トップページ | DFは負傷離脱中の岩波・五輪代表決まる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30