フォト
無料ブログはココログ

« 散歩再開・・・・したんだけど@こっちもボケたか | トップページ | カップスの歌が聞こえるアナベル@神代植物公園 »

2016年6月12日 (日)

ザックの名言「頭がバカンス」を浦和の李と森脇に進呈@マチダも苦言

踏ん張らなければいけないゲームで力を出せないのは浦和のお家芸?

メンタルが弱いんでしょうか。

A大サッカー部OBのマチダさんはまずい試合の原因に李と森脇をあげました。


       shoe     shoe     shoe


浦和0−2鹿島 レッズ存続の不安感でもないでしょうが、浦和は拙い試合をしました。

頭の中を覗いてみたいのは李と森脇です。

このところのいい動きを認めていた李は元の李に戻っていました。いい所へ動いていません。

きっと自分では分かっていないのでしょうが、無駄走りがないのが原因です。

効率よくなんて、そうそう出来るものではありません。多く走ることでパスコースが生まれます。

それと、このところやたら跨ぎパスを見せます。

いつだったかズバリはまって得点に結びついたことがあります。

その快感が忘れられないのでしょう。この試合でも3度ほど。

いずれも効果なしで味方との呼吸があっていませんでした。

トリッキーなプレーはごく稀にするから効果かがあるわけで、戸惑いますよ。

目を眩ませる相手は敵のBKです。

そんな具合だからFW間のコンビネーションも悪く、興梠も死んでいました。

impactimpact

森脇はなぜあんなに興奮するのでしょうか。

ファイト満々はいいのですが、ファウル判定にしつこく食い下がるのは心証を悪くするだけです。見苦しい。

前半、しつこさを通り越した不満アピールでイエローを貰いました。次戦は出場停止。

チームに迷惑をかけるだけです。

外国人審判でJとは違う見方をするかもしれません。

しかし、それもゲーム。

Jの狙いもそこにあるのですから個人の感情だけでプレーするのは損です。

downdown

カッカしたままのせいか後半7分の失点の一端は森脇にもありました。

宇賀神のパスミスからカウンターを食います。ゴール前はガラ空き。

当然必死で戻ります。

ところがパスを出されて金崎に追い抜かれゴールを奪われてしまいました。

金崎が身を投げ出してくる前に自分がパスコースを変えるようなスライディングをするべきでしょう。

冷静さがあったら防げた可能性がありました。

rainrain

浦和のDFは随分改良されたといはいえ、依然脆さを持っています。

なぜかこの試合、相手との間合いが遠いようでした。

仕掛けてくるのを待ち過ぎたせいなのでしょうか。それとも躱されるのがいやだったのかもしれません。

いずれにせよもっとボディーアタックができる距離で勝負しないと、同じような目にあいます。

攻撃の交代で入った駒井がPKを献上したのは皮肉。


sagittariussagittarius

鹿島はゲームプランがぴたりとハマりました。

素早いつぶしからボールを奪うと手間をかけず攻めに入っていました。

守ってはゴール前に人数をかけ、浦和が回しまくってもどこかしらで引っ掛けていました。

しかも植田、昌子の真ん中は代表の力があります。がっちり守り切りました。

植田、いいですねえ。ズラタンに高さで負けていません。体も強い。

早く代表メンバーに招集してレベルアップさせて欲しい。

金崎が中盤でいいディフェンスを再三見せていました。

シュートが2度もポストに嫌われながらカッカせず身を粉にして働いていました。

その結果が決勝ゴールです。

runrun

横浜0−2川崎 横浜はFW、特にストライカーがいないのが致命的です。

斎藤はドリブラー。俊輔はパスの配給係です。

決定力のある選手が1人居ればと試合のたびに思います。

外国人選手は使えないのですかねえ。監督は外国人なのに、不思議です。


footfoot

キリンカップ ボスニアのエース凄かったですね。

2点目。たった1本の縦パスをひと振りで決めてしまうのですから。

ゴールを背にしながらゴロシュートで蹴り込むんですから。

日本の吉田はマークに行ったものの体をぶつけることもできずシュートを許しました。

高さはあるけれどボディーコンタクトは得意じゃあろません。DFとしての弱点です。

だからこそ早く植田を上に。

                         マチダ

« 散歩再開・・・・したんだけど@こっちもボケたか | トップページ | カップスの歌が聞こえるアナベル@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩再開・・・・したんだけど@こっちもボケたか | トップページ | カップスの歌が聞こえるアナベル@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30