フォト
無料ブログはココログ

« 「点を取ってから文句言え!」大久保の闘志に拍手、柏絶好調@マチダの講評 | トップページ | 両手を広げてイチニッサン・ヤマボウシ@神代植物公園 »

2016年5月 1日 (日)

お初のスミレです・アツバスミレにニイジマスミレ@植物多様性センター

つけっぱなしにしてるラジオ(文化放送「玉川美沙ハピリー」土曜、前7時〜)の読者投稿に意表を突かれ、感心しきり。

子供の頃の話で、同級生が選んだ読書感想文の本がなんと「時刻表」。

ぶったまげました。こんなのを選ぶセンス、私にはありません。

でも、その男の子は鉄道の旅だかの夢を感想文にしたんだそう。

先生の評価が気になります。私だったら思い切って二重丸かな。

      cherry     cherry      cherry

これで今年のすみれは最後かな。「伊豆諸島ゾーン」をのぞいたら新顔のすみれが咲いてました。

バックヤードで育てて知らない間に移植してるのでチェックは欠かせません。

Dscn2571

⬆️アツバスミレ。すみれの講習会の時に鉢植えが置いてあったので葉に触ったことがある。

名前の通りに葉が厚い。海岸植物の特徴です。潮風や強い日差しから守るためです。

伊豆七島ばかりではなく千葉県から鹿児島まで広く太平洋側に分布してます。

日本海側の海岸型はアマナスミレ。


Dscn2579

⬆️ニイジマスミレ。新島で発見された当初は変種扱いされていたが、今ではアツバスミレに含めてます。

単にアツバスミレの白花という扱いです。

若者は新島へ、なんて時代がありましたね。あたしゃ一度も行ってませんが。

伊豆七島は大島に行ったことがあるだけです。


Dscn2582

⬆️アリアケスミレ。こちらは奥多摩ゾーンで見られます。

葉が細くて長いのが特徴です。

       bud    bud     bud

今年のすみれはこれで見納めでしょう。去年よりいくらか見分けがつくようになりました。

いろんな種類も見ました。

おそらく来年になるとぜーんぶ忘れてるでしょう。

また一から覚えるのが楽しいんです。


« 「点を取ってから文句言え!」大久保の闘志に拍手、柏絶好調@マチダの講評 | トップページ | 両手を広げてイチニッサン・ヤマボウシ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

スミレの白花、きれいですね。

あ~、いいな~~~。 しっかり記憶に残します。

もちろん、忘れたっていいです。

忘れてまた初めてのように驚く。 楽しみ倍増です。

一粒で、2度も3度も楽しめますから。


読書感想文。書けば書くほど感動が薄れた記憶が。(笑)

中学1年のとき、「猿の惑星」の感想文書きました。

映画を見てラストシーンで子供心にど~~んと感動。原作もよかった。

国語の先生に感想文コンクールに出すと言われ、

何回か書き直すうちに、気持ちがさめていきました。 残念。

でも、いい思い出です。 時間がたてば、すべてよし…ですね。

やまけいさん。日本はすみれ天国ですので、いろいろ楽しめます。

私も今年覚えたことは、きっとごさんになって来年も同じようにすみれを楽しむことでしょう。

「猿の惑星」のラストシーンは今でも焼き付いてます。原作までお読みになったんですね。

コンクールには書き直さないで最初のまま提出したらどうだったんでしょう。惜しいことをしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「点を取ってから文句言え!」大久保の闘志に拍手、柏絶好調@マチダの講評 | トップページ | 両手を広げてイチニッサン・ヤマボウシ@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30