フォト
無料ブログはココログ

« 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 | トップページ | バラ園は暑いけどアジサイの一画は涼しいよ・七段花@神代植物公園 »

2016年5月28日 (土)

イングランドにも敗れて1勝3敗・U23@闘争心の復活をとマチダ

どうして覇気がなくなってしまったんでしょうか。五輪出場を勝ち取って安心してしまったんでしょうか。

こんな状態では五輪は難しいと悲観的にならざるをえません。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは「闘争心の復活」を願ってます。

      shoe    shoe      shoe


日本0-1イングランド 野津田は二度とトゥーロンには行きたくないだろうなあ。

PKで失った1点を追う後半12分。こぼれ球を得意の左足で捉えます。

綺麗にヒットしたように見えたボレーは鋭くバーを叩きました。

初戦のパラグアイでもバーに嫌われています。フリーでのシュートも決め切れませんでした。

何かが足りないとも言い切れないだけに、解決策はありません。

不運と割り切って落ち込まないことでしょう。

前半の32分には頼みの南野がフリーで外してしまいます。

PE右でワンフェントして相手をかわし横に持ち込みます。

さほど難しい位置でもないのに左足から繰り出されたシュートはバーの上を通過しただけでした。

libralibra

試合の入りも様子見というか前線でのチャージがありません。

作戦なのか、恐れからなのか、疲れなのか。覇気が感じられないまま失点。

五輪予選のアグレッシブな姿はどこに置いてきてしまったのでしょうか。

イングランドは真ん中のDFが引き気味でポケットを作っているようでした。

中盤が空いていて飛び込んでいけば背後が薄くなってしまう恐れはあります。

しかし、相手に合わさずラインをもっと上げて、ガンガンとプレスしても良かったはずです。

パスは奪えず、たまさかのマイボールも長い脚に邪魔されるなど横か後ろにしか出せません。

数少ない得点機も生かせず、くらーい前半でした。

scorpiusscorpius

ハーフタイムで活を入れられたのか後半はボールに絡む回数が格段に増えました。

2人掛かりで囲み粘っこく本来の姿が戻っていました。

そうしているうちにチャンスも増えて日本の時間が続きます。

いつ同点になってもおかしくない展開。

だがしかし、ここで決定力の壁が立ちはだかります。

ピッチ状態がよくないことを割り引いてもじれったいほどシュートを打ちません。

パスを選択する日本の悪癖が顔を出してチャンスを逃し続けました。

繰り返すようですがあのU23ではありません。

代表にも呼ばれている大島も疲れのせいかパスミスが目立ちました。

得点にこそ繋がらなかったもののカウンターを食う決定的なものでした。

runrun


明るい材料は際の目処が立ったことと、何よりオナイウが使えそうだということ。競り合うことができます。

ヘディングも見劣りしません。体が強いのでボールも収まりやすい。

シュート感覚さえ身に付けばトップを任せられそうです。

けが人の回復も大事です。それ以上に闘争心の復活が急務です。

                                    マチダ

« 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 | トップページ | バラ園は暑いけどアジサイの一画は涼しいよ・七段花@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 | トップページ | バラ園は暑いけどアジサイの一画は涼しいよ・七段花@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30