フォト
無料ブログはココログ

« おじさんが坊ちゃんを手玉・横浜3−0柏@「柏に2つの弱点」とマチダ | トップページ | アモーレ・ミオ »

2016年5月31日 (火)

ヒチコックとは関係なくてカワラサイコ@植物多様性センター

「サイコ」と聞けばシャワーシーンの惨劇が思い浮かびます。怖かった。

1998年には同じカット割り、ショットを売りにしたリメーク版も作られました。同じように撮ってるのに怖さが伝わらない。

演出は難しいんです。リメーク版は栄えあるゴールデンラズベリー賞の最低リメーク賞、最低監督賞を受賞しました。

と、前振りしてカワラサイコ。

Dscn3333

サイコは漢方の柴胡。小柴胡湯とか聞いたことあるでしょ。肝臓にいいのかな。

日本じゃミシマサイコから採取する三島産の品質が優れてると評判だったらしい。

根が太くなるのがミシマサイコに似てるからカワラサイコ。

ミシマサイコの花は小さいが(見たことないけど)、こちらは遠目でも目立ちます。

こっちも薬用にするみたいですがバラ科、ミシマはセリ科。効能が違うでしょうね。

Dscn3339

なんの葉でしょうか。半纏みたいでしょ。

別名半纏木(はんてんぼく)というのはうっすら覚えてました。

でもいつも花を見上げるので精いっぱい。葉を確認するゆとりがありませんでした。

ここには若木があるので目の前に枝が伸びてます。

なんの葉だっけ。半纏の形。あっそうだ。

しばし考えて名前が出てきました。ユリノキです。


Dscn3342

和食のツマにも使われるハマボウフウ。

茎に切れ込みを入れ水にさらしておくとくるりと反り返る。こうした細工をして刺身に添える。

もちろん天ぷらやおひたしでも。セリ科特有の香りが楽しめます。

埼玉県の川口では栽培もしてるんだって。もっぱら高級料亭に卸してるようです。

食べるのは花の前ですよ。


« おじさんが坊ちゃんを手玉・横浜3−0柏@「柏に2つの弱点」とマチダ | トップページ | アモーレ・ミオ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おじさんが坊ちゃんを手玉・横浜3−0柏@「柏に2つの弱点」とマチダ | トップページ | アモーレ・ミオ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30