フォト
無料ブログはココログ

« こっちの水は苦いのか・残念ながら今年も期待薄@野川公園のホタル観賞会 | トップページ | 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 »

2016年5月26日 (木)

高尾山じゃなくても見られるよウメガサソウ@植物多様性センター

新顔です。といっても他から持ってきたものではなく、もともと生えてたんです。

入園者には目につかない雑木林の奥で咲いてたそうです。

それを目にふれる場所に移植してくれたんです。私は初めてお目にかかるウメガサソウ。

Dscn3259


花が梅のようで下向きに咲くので梅笠草。

この時期、高尾山でも見られるでしょう。

うす暗い林床にひっそり咲いてるので気をつけないと見過ごしてしまいます。

半寄生植物です。葉もあるので光合成はしてるんですが、地中のキノコからも栄養をもらってる。

なので移植しても育ちません。

ここでは周囲の土ごと移したんです。

イチヤクソウの仲間です。

イチヤクソウは府中の浅間山公園で見ることができます。


Dscn3241_2

ハマボッス、浜払子。

坊さんが使う払子に見立てたのでこの名前。

棒の先に長い毛がついてるもの。もともとは蚊やハエを追い払うために使ったんだって。

殺生できないのでお釈迦さまも、これの使用を許した。


Dscn3215

イボタノキ。樹木には次々に白い花が咲いてます。ガマズミが終わって今はこれ。

普通の虫はこの木の葉を食べても栄養にならないんですが、食用にした強者が現れた。

それがイボタロウムシ。イボタ蝋虫。

イボタ蛾の幼虫で、オスが出し白い分泌液が枝にまとわりつく。それが高級品のイボタ蝋。

桐箪笥のツヤ出しなどに使われます。

イボ取りもこれの出番。根本を縛って先にこの蝋をつけるんだとか。

イボ取りが変化してイボタになったとも。

« こっちの水は苦いのか・残念ながら今年も期待薄@野川公園のホタル観賞会 | トップページ | 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こっちの水は苦いのか・残念ながら今年も期待薄@野川公園のホタル観賞会 | トップページ | 似て非なるもの・ウツボグサとヤセウツボ@野川公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31