フォト
無料ブログはココログ

« 憎まれっ子でもないがはばかってるキキョウソウ@調布市野草園 | トップページ | バラ園から・・・夢香、7姉妹など@神代植物公園 »

2016年5月21日 (土)

世界三大珍植物の1つ、その名も「奇想天外」@神代植物公園の温室

「花が咲いたらつくば実験植物園に行こう」なんて周辺で盛り上がってました。

わたしゃ、存在も名前も初耳でしたが、名前だけは一発で覚えました。

でも、それだけで筑波に行くのもなあ。

リニューアルされた大温室。見たい花があったので寄ってみました。

順路があるので入ったら出口まで行かないとひと様の邪魔になります。素直に出口近くの乾燥地帯植物のところへ。

Dscn3145

いろんなサボテンがあるなあ。大ざっぱに見てるとなんと「奇想天外」の名札が。

こりゃ一大事。盛り上がってる人たちに教えなくては。

なるほど2枚の葉だけが伸びてますな。いつまでもいつまでも、この2枚の葉がねじれながら伸び続けるそうです。

長さ2メートル以上、幅も1メートル近くになるそうです。

原産は極度に乾燥しているナミブ砂漠。大西洋に面したナミビアからアンゴラ南部。

ウェルヴィッチア科ウェルヴィッチア属の1科1属1種。

1000年は生きるとみられ、中には推定2000年生きてるのもあるらしい。

発芽から花が咲くまで25年はかかるといわれているが湿気の多い日本では4年ほどで咲いた例もあるという。

雌雄異株なので雄株を持ってる植物園が雌株のあるところに花粉を運んで受粉させて増やしてるようです。

それをもらってきたのかな。

この株は果たして何年ものなのか。花はいつつけるんでしょうか。

ちなみに都内では渋谷区ふれあい植物園にもあります。

Dscn3147

「あらヒガンバナだわ」とおばちゃんたちがうれしそうに見てます。

そっくりです。丸く球状に咲いててなんとも愛らしい。

ハエマンサス・ムルティフローラ。ハエマンサスは赤い花。ムルチはマルチ。フローラは花。

おばちゃんたち、名札に書いてあるヒガンバナ科を見て納得してました。

Dscn3132

温室をのぞいたのはこの花を見るため。オオフトモモ。フトモモ科です。

何が気になってるかっていうとフトモモ。時々、この科の植物を目にする。

どこがフトモモなのか花を見て確かめたかったんです。

結論からいうとさっぱりわかりませんでした。まさかフトモモ=太腿とは考えてませんよ。

調べましたよ。中国名が大蒲桃。なんだ桃だったのか。レンブともいうそうです。

洋梨に似た果実ができるそうです。実も見なくちゃね。

さほど甘くはないがおいしいみたいです。沖縄でも栽培されてるんだって。

蒲桃がフートーになり、なじみやすくモモも重ねてフトモモになったというわけ。

これにて一件落着。

« 憎まれっ子でもないがはばかってるキキョウソウ@調布市野草園 | トップページ | バラ園から・・・夢香、7姉妹など@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

いつも貴重な情報をありがとうございます。
新装開店の大温室、ぜひ見に行かなくっちゃです。

ぽちさん。大温室は大変なにぎわいです。

無憂樹は大きな木はどこかに移され若木が植えられてました。

まだゆっくり見てないのでまだ新しいのがあるかもしれません。

見つけたら紹介します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憎まれっ子でもないがはばかってるキキョウソウ@調布市野草園 | トップページ | バラ園から・・・夢香、7姉妹など@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31