フォト
無料ブログはココログ

« キンランもお目覚め・春の花がいっぺんに開花@野川公園 | トップページ | 白とピンクのサクラソウなど百花繚乱の巻@野川公園 »

2016年4月17日 (日)

浦和・李の力みが解消され進歩@マチダも目を細める

浦和が調子いいです。おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは李に注目しました。

         shoe     shoe      shoe


浦和3−1仙台 李が調子いい。何より点の取り方のヒントをつかんだようです。

後半8分左から抜け出た槙野が強くて低いセンタリング。

李が頭で合わせ先制しゴール。

いい所へ走り込んでいるからボールを呼び込めます。

前半もゴール前に飛び込んで、軽く左足のインサイドで狙いました。

惜しくも左ポストを掠めてハズレましたが、味のあるシュートでした。

ゴール前の点を取れる空き地を見つけるのが上手くなったのかもしれません。

以前は点が欲しいせいか、ギラついたプレーが目立っていました。

それが力みになって空回りしていました。

それが解消され感覚的にゴールの匂いのする場所を嗅ぎつけられるようになったのではないでしょうか。

なんでもいいからとにかく打てば、というアリバイシュートからの進歩です。

sagittariussagittarius

興梠が決めて2−1とした後半の31分、柏木が見せました。

右サイドから左への低くて早いサイドチェンジパスを駆け上がった梅崎にピタリ合わせます。

前節からは見違えるような出来です。

折り返しを武藤が頭でダメを押しました。

cancercancer

レギュラーに負傷者が多く、退いてカウンター狙いの仙台に対し一方的に攻めまくりました。

ただ、CKを17本も獲得しているのに1点も取れなかったのは褒められません。

策はあったのでしょうが何とも無駄打ち感がしました。

仙台・三田に決められた守りのミスと合わせて浦和らしいと言えばそれまでですが…。

libralibra

磐田1−5横浜 浦和に教えてあげたいようなCKで横浜が先制します。

立ち上がり3分、左で構えた俊輔は意表をついてショートを選択。

これで際どいところへ入れてくると構えていた磐田DFの混乱を招きファビオのゴールに結びつきました。

いきなりのトリック、さすがです。

俊輔は41分にはド真ん中から斎藤へ唸るようなスルーパスを通しアシスト。


思いのままのプレーをして楽しんでいました。

新戦力のマルティノスはよく走る。

馴染んでくれば相手はかなり手を焼くはず。しかし、相当我が強そう。


味方にとっても手を焼く存在にならなければいいのですが。

※聞いたこともないような阿蘇の大地震。本震並みの前震があるなんて知らなかったし、余震も震度6弱が頻発。もう許してくださいよと言いたくなります。

原発のある活断層がズレていたらと思うとゾゾーッです。

                                      
                             マチダ

« キンランもお目覚め・春の花がいっぺんに開花@野川公園 | トップページ | 白とピンクのサクラソウなど百花繚乱の巻@野川公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンランもお目覚め・春の花がいっぺんに開花@野川公園 | トップページ | 白とピンクのサクラソウなど百花繚乱の巻@野川公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30