フォト
無料ブログはココログ

« ひとなみにお花見・船からだよ@お江戸深川さくらまつり | トップページ | ヒメにマルバにニョイ・・・なんとすみれが7種類@神代植物公園 »

2016年4月 3日 (日)

狙ったところに正確キックで同点・さすが俊輔@マチダもうなる

やっぱり俊輔。わかっていてもGKは手が届きません。

A大サッカー部OBのマチダさんは俊輔のもう一つの美技「ささやき戦術」に注目してます。

名手遠藤のPK。蹴る前に俊輔がGKになにやらささやきました。左に蹴ったボールをGKが止めました。

なにをささやいたんでしょう。

       shoe    shoe     shoe


G大阪1−2横浜 俊輔は左足1本でも金が取れます。

1点を追う前半40分の同点FKは流石。

ゴールやや右、約25㍍。蹴る前に何度も右方向をチラ見していました。

このあたりはTV観戦の良さです。

狙うところはそこしかなく、コース取りを確認していたのでしょう。

強めにしかも見事にコントロールされたボールは、右上隅を捉えました。

GK・東口は思い切り飛びました。おそらく予想してはいたでしょう。

それでも届かないピンポイントの狙撃でした。

前半11分のFKでは大量に水を撒かれたピッチに足を滑らせてこけてしまい失敗。

ボールはゴルフのアプローチのようにポワーンと上がっただけ。

ミスを修正してきちんと取り戻すプロの業に唸りました。

このゴールで横浜は息を吹き返したのだから効果は絶大です。

sagittariussagittarius

もう一つ隠れた美技があったようです。

今度はマルティノスのゴールでリードして迎えたロスタイム。

大阪にPKを与えてしまいます。キツカーは遠藤。

ボールがセットされる際、俊輔はGK・飯倉の耳元で何やらゴニョゴニョ囁きます。

陽動作戦なのか。

遠藤だって百戦錬磨、そんなことで動揺するはずがないでしょう。

ところがなんと名手が失敗したのです。

板倉は蹴る寸前、フェイント気味に右へ1回ステップ。

すぐさま左へ身を投げ出します。ドンピシャリ!勝利のセーブでした。

あの耳打ちは何だったのか。流石にテレビでは聞こえてきません。

あくまで心理作戦だったのか、右への1歩をアドバイスしたのか。

ものすごく知りたい。

runrun

日本代表 アフガン戦の岡崎とシリア戦の香川。2人の得点はなるほど海外のプロ選手です。

高い技術を見せました。揉まれているせいでしょう。

岡崎は後ろ向きで受けたパスを反転して前を向きます。

と、同時にそのまま右足で相手DFの股を抜きます。

次には2人掛りのDFの間を抜け出てゴールを奪いました。

香川は本田からの浮き球を胸トラップ。体を右に反転させながら右足で2ステップ。

普通なら1ステップでシュートするところ。プラス1したのがセンスです。

体の向きがわずかに中へ入り、何よりGKのタイミングを狂わせました。

左足、しかもそれほど強烈ではなくてもゴールするのには十分でした。

cancercancer


2戦とも5−0の数字上は圧勝です。

しかしDFには問題が残りました。

特にシリア戦ではカウンターを再三食い2、3点献上してもおかしくない内容。

アフガン戦でも球際に脆い欠点を随所に見かけました。

自陣ゴール前の1対1で競り負けて足元はふらつき体もオタオタしています。

相手の技術がイマイチだったから助かったようなものです。

最終予選であのざまだったらと思うとぞっとしますよ。

コンビネーションの問題もあるでしょうが、まずは対面の仕掛けに対応できる受けのプレーを鍛えて欲しい。

9月までに間に合わせないと、…の悲劇になりかねません。

                                マチダ

« ひとなみにお花見・船からだよ@お江戸深川さくらまつり | トップページ | ヒメにマルバにニョイ・・・なんとすみれが7種類@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとなみにお花見・船からだよ@お江戸深川さくらまつり | トップページ | ヒメにマルバにニョイ・・・なんとすみれが7種類@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30