フォト
無料ブログはココログ

« 狙ったところに正確キックで同点・さすが俊輔@マチダもうなる | トップページ | ワサビの花を見るとノドがごっくん@調布市野草園 »

2016年4月 4日 (月)

ヒメにマルバにニョイ・・・なんとすみれが7種類@神代植物公園

ボケッと歩いていても気づかないもんです。専門家についていくと、ここにもあそこにも咲いてるじゃありませんか。

すみれです。

まずはタチツボスミレの群落からご覧ください。

Dscn1838

いつの間に生えたんだろう。全く気付きませんでした。

なんでも園路沿いの笹を刈ったら一斉に芽を出したんだそうです。

参加者からは「わあ、きれい」など感嘆の声が上がってました。

バラ園奥の雑木林です。一見の価値大です。

Dscn1827

この日は日本すみれ研究会による「すみれに親しむ教室」。

すみれが咲いてる場所などを教えてもらいいざフィールドワーク。

ニョイスミレ(ツボスミレ)。

唇弁の細い筋が特徴です。

いつもキョロキョロ見てるところなんですがスルーしてました。

先生はいとも簡単に「はい、ここに」

目が違うんです。

山野草園ではエイザンスミレ、こスミレを見ました。

エイザンは既に紹介してますのでこちらで確認してください。


Dscn1853

すぐ近くに別のもありました。

ヒメスミレです。名前の通りに小さい。

多くの入園者は満開の桜を愛でて見上げてますが、われわれは目を皿にして地面を探してる。

先生の話を思い出しました。

「すみれは林の奥ではなくて林縁の斜めになったところで見つかる」

つまり日照がほどほどにあって水はけがいい。

なるほど斜面になったところで咲いてます。


Dscn1850

これは場所がわかってました。

去年も教室に参加して教わりましたから。

やっぱり日当たりのいい斜面です。

ほかの花はありませんので、ほとんど誰も入ってこない。

マルバスミレです。ふくよかな白い花。

葉が丸いでしょ。

あたりに目をこらすといっぱいあるじゃないですか。

まだ咲き始め。これからが盛期です。

Dscn1847

これは外国のビオラ プリセアナ。

誰かの靴の底にタネがくっついて運ばれたんでしょうか。

負けじと頑張ってる小さなブルーの花はフラサバソウ。

マルバスミレの近くにはコスミレの群落。これも、こんもりした場所に数十株。

少し入ってモミジバフウの根っこにはまたまたヒメスミレ。

こんなにいっぱい咲いてるなんて、自力じゃとても探せない。

教わるって大事なんです。しみじみ感じました。


« 狙ったところに正確キックで同点・さすが俊輔@マチダもうなる | トップページ | ワサビの花を見るとノドがごっくん@調布市野草園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

「教わるって大事なんです。」

ホントにそのとおりですね!

人から教わる、これが一番。

身振り手振り、表情、声色、すべてこころに伝わってきます。

本からの知識も大事だけど、ナマの声は格別。

散歩人さんも「生」(ナマ)がお好きでしょ?

やまけいさん。東京の桜は今週半ばの雨でおしまいのようです。

花が終われば新緑の季節。最も気持ちのいい時です。

これからもいろいろ教わりながら歩き回っていきます。

あしたは、なんと千葉県の最高峰に登ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狙ったところに正確キックで同点・さすが俊輔@マチダもうなる | トップページ | ワサビの花を見るとノドがごっくん@調布市野草園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30