フォト
無料ブログはココログ

« ひとびとの営みに感謝・大山千枚田@鴨川ハイキングその4 | トップページ | 立派なお寺だねえ大山不動尊@鴨川ハイキングその5 »

2016年4月11日 (月)

ACL疲れで浦和は引き分け@ふざけんなバド桃田の会見・マチダ激怒

おなじみA大サッカー部OBのマチダさん、浦和の引き分けには同情的です。

それよりもバドミントン桃田の発言におかんむりです。

確かにスポーツと賭博を混同してる。本当に反省してるのか疑わしいもんです。

       shoe     shoe    shoe


横浜M0−0浦和 浦和は5日のACLで、あの広州恒大を1−0下した死闘ダメージが相当残っていました。

前半で得点して優位に立ちたいところ。

しかし柏木、興梠の動きが冴えません。逆に後半勝負に持ち込みたい横浜の守りに手を焼きました。

結局、息切れドローです。

前半に決め切れなかったのですから致し方がないでしよう。負けなくて儲けものです。

footfoot

横浜は新加入の外国人選手がまだ馴染んでいないようです。

得点力不足解消はそれまでお預け、もう少し時間がかかりそう。

GK・飯倉が目につきました。

もっともGKが目立つ試合は押されている場合が多いものです。

セービングをしている間にリズムが出てきて、好プレー連発につながります。

13年に病で離脱した空白を完全に取り戻したようです。

sagittariussagittarius

浦和と好対照なのがG大阪でした。

対仙台戦、前半に長沢、宇佐美、アデミウソンが決めてさっさと安全圏に。

14分に決めた宇佐美は今季J初ゴール。

自陣右からドリブルで持ち上がるとそのまま右足を振り抜きました。

パスを選択しなくて正解。ゴールへの渇望が感じられました。

downdown

バドミントンの桃田 言動とかファッションは本田を意識しているようにも見えます。

しかし頭の中は大違いです。

闇カジノ釈明会見でとんでもない発言をしました。

「勝負の世界にいるので勝負事に興味があった」云々。ふざけろです。

スポーツは体を鍛え技術を磨いて相手と対峙します。

運否天賦博打とは大違い。勝負という言葉だけで同列に考えるのは、詭弁でしょう。

そこが分からんのだとしたらガキです。

21歳と若いからといって五輪でメダルを狙う位置にいる選手としては情けない。

それ以上に必死で練習して五輪をモノにした選手、さらに届かず涙を流したオールスポーツマンに対して失礼極まりない。

おそらく田児に誘われた被害者とでも思っているのではないでしょうか。

今の考えを改めない限り、また何かやらかしますよ。

協会もNTT関東も教育不十分。北島の清々しさを見るにつけ不快感ばかり募ります。

本田は大言しますがそれをモチベーションに自分を高めて実現させていきます。

桃田は「派手な生活をしてガキんちょのあこがれに」なんて生意気言うのなら、本田の心を学んでからにして欲しいものです。

田児は論外。

                                      
                          番外を含めて マチダ

« ひとびとの営みに感謝・大山千枚田@鴨川ハイキングその4 | トップページ | 立派なお寺だねえ大山不動尊@鴨川ハイキングその5 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとびとの営みに感謝・大山千枚田@鴨川ハイキングその4 | トップページ | 立派なお寺だねえ大山不動尊@鴨川ハイキングその5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30