フォト
無料ブログはココログ

« へんな名前のフラサバソウ@神代植物公園 | トップページ | 地下でつながってるフキノトウの花@植物多様性センター »

2016年3月10日 (木)

なでしこ次の監督に注文@「男子並みに鍛えて」とマチダ

岩淵のヘッド、冷静でした。

狙い定めてズドン。

次期は高倉麻子監督で決まりのようですが、A大サッカー部OBのマチダさんは男性コーチ就任が必要と考えてます。

         shoe     shoe     shoe


日本1-0北朝鮮 なんとか面目は保ちました。

佐々木監督退任で、次は誰?高倉麻子U20監督が有力だそうです。

さらに大部由美さんの名がコーチとして浮上しているとか。

女子は女子で。それも分からないではありません。

しかし、一抹の不安を覚えます。

精神的な部分より肉体的に鍛えることに?がつくからです。

runrun

上田栄治女子委員長はかつて監督として、なでしこを鍛えた際「男を持ち込みました」。

つまり練習メニューを全て男子と同じ内容にしました。

それは当時の女子選手のフィジカルが「目を覆わんばかり」だったからです。

一から鍛え直しアテネ五輪出場に導きました。

なでしこの原点です。

指揮官としての高倉氏の手腕は高いようなので心配はないとしても、補佐には男の力が必要です。

限界への意識の違いとでもいいましょうか。

女子の指導者が悪いのではありません。妥協点の問題です。

もう一度鍛え直すのですからよりハードでなくてはならないのは当然のこと。

鬼軍曹になれるのは、と考えると男のほうが向いています。

sagittariussagittarius


ここでテストをしながらなんて悠長なことを言ってられません。

なでしこの攪拌は2年遅れているんですから。

うかうかしていたら、たちまちW杯がやってきます。

女子の環境整備。これも協会がピッチを上げなければならない問題です。

選手の意地と頑張り、手弁当だけでは通用しない時代になっていることを予選敗退で思い知らされたでしょう。


                                    マチダ

« へんな名前のフラサバソウ@神代植物公園 | トップページ | 地下でつながってるフキノトウの花@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« へんな名前のフラサバソウ@神代植物公園 | トップページ | 地下でつながってるフキノトウの花@植物多様性センター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30