フォト
無料ブログはココログ

« ハナネコノメ探して小下沢林道@裏高尾 | トップページ | 滝の下にはハナネコノメのじゅうたん@裏高尾というか景信山登山道 »

2016年3月20日 (日)

磐田の新加入ジェイの破壊力に注目@マチダもうなる

A大サッカー部OBのマチダさんが注目してる磐田のジェイ。

次節にでもチェックしてみましょう。

     shoe    shoe    shoe


磐田2-2福岡 磐田の外国人選手はごついですねえ。

新加入のFWジェイ。元イングランド代表、190㌢。

名前でも体でも圧倒しています。

PKはあるものの3戦で4点ですから相当な破壊力です。

典型的なセンターフォワード、抑えるには相当骨でしょう。

この先、相手のマークがどうなるか、日本の夏にどう対処できるかなど、未知な部分はあるものの最近の助っ人の中では大物感たっぷりです。

磐田はかつて、あの闘将ドゥンガによって育てられ、リーグのトップに立った栄光の歴史があります。

タイプは違ってもジェイが一足先に加入しているGKカミンスキー、FWアダイウトンとともに救世主となれるか見ものです。

runrun

鹿島2-1FC東京 テンポが早く緊張感あふれる試合でした。

勝負を分けたのは决め手の差です。

鹿島の金崎はゴールの匂いを嗅ぎ回る飢えた狼のようです。

後半5分、山本の当たり損ねミドルがこぼれたところに飛び込み、左足アウトで流し込んだあたりはゴールハンターの嗅覚でしょう。

さらに43分、柴崎の低くて速いセンタリングに飛び込んで目の覚めるようなボレー。

乗りまくっています。

貪欲に動き回わっているからこそボールが近寄ってくれるのでしょう。

scorpiusscorpius

東京も攻守の切り替えが早く後一歩まで詰め寄っていました。

しかし決定的な仕事をする選手がいません。

後半途中、負傷から復帰した平山を投入、前田と2トップでゴールを狙いましたが得点に結びつきません。

東京には金崎がいなかったわけです。

駒野、室屋の負傷も響いています。

flairflair

甲府0-4川﨑F 中村憲が光っています。

昨年あたりはくすんだようなプレーが気になっていました。

限界かな、なんて思いましたが、なんの。首位を走るエンジンです。


                     マチダ

« ハナネコノメ探して小下沢林道@裏高尾 | トップページ | 滝の下にはハナネコノメのじゅうたん@裏高尾というか景信山登山道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハナネコノメ探して小下沢林道@裏高尾 | トップページ | 滝の下にはハナネコノメのじゅうたん@裏高尾というか景信山登山道 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30