フォト
無料ブログはココログ

« 崖っぷちなでしこ@マチダさんも言葉が見つからない | トップページ | 妖精と妖怪・小泉八雲公園@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その5 »

2016年3月 3日 (木)

田舎もんなんで近未来風景にびっくり・東新宿駅@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その4

西向天神から抜弁天に寄って抜弁天通りを西へ大久保方面。

Dscn1047

明治通りとの交差点にでかいビルが建ってます。

スクウェア・エニックスや東急ハンズ本社が入ってる。

北側の広場にガラス張りの四角い箱が。

電話ボックスにしては大きい。

SF映画の近未来都市みたいと見とれてしまいました。

立体のどこでもドアみたい。

田舎もんですので、こんな思い切ったデザインは想像外の代物。

ここは副都心線と大江戸線の東新宿駅の上。

駅へのエレベーターみたいです。

敷石には大久保や新宿の古地図が描かれてたりして「今、ここだ」なんて楽しませてもらいました。

開発前は日本テレビゴルフガーデンだったとか。

そう言われれば、そんなのがあったような・・・。

Dscn1049

コリアンタウンで打ち上げする前に歌舞伎町の稲荷鬼王神社。

鳥居のすぐ横にあるのが珍しい水鉢。

うずくまった鬼の頭上に水鉢がある特異な様式。

元は御家人の家にあったが毎夜、水浴びするような音がするので刀で斬りつけた。

その後、家人に病気が頻発するので神社に寄進された。

横から見ると刀跡があるのが確かめられます。

この鬼に水をかけてお祈りすると子どもの夜泣きがおさまるとか。

宇津救命丸を飲ませてお参りすれば、あら不思議なのかな。


Dscn1061

富士塚があるざんす。

別名西大久保の厄除け富士。

浅間神社は元からあったが明治になって鬼王神社に合祀、富士塚は昭和の初めに復興されたとなっている。

戦争中の空襲で基盤が緩んだため、1〜4合目、5〜頂上の2つに分けて参道の左右に置かれた。

「参道そのものが、富士の胎内に通ずる道となっております」と神社の説明は誇らしげだ。

江戸初期に建てられた稲荷神社に紀州熊野から勧請した鬼王権現を合祀(天保2年、1831)して稲荷鬼王社となった。

「鬼を祀ったり、鬼の名のつく神社は全国に幾つもあります」

「しかし『鬼』の王様という意になる『鬼王』という名のある社寺は全国で当社のみです」と案内にある。

けっこう「オレがオレが」で自慢したいたちのようです。


« 崖っぷちなでしこ@マチダさんも言葉が見つからない | トップページ | 妖精と妖怪・小泉八雲公園@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 崖っぷちなでしこ@マチダさんも言葉が見つからない | トップページ | 妖精と妖怪・小泉八雲公園@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31