フォト
無料ブログはココログ

« オオイヌじゃなくて国産だよ・イヌノフグリの小さな花@野川公園 | トップページ | 梅もきらいよ桜もいやよ・・てなこと言わずに寒桜が満開@神代植物公園 »

2016年2月 2日 (火)

清少納言は梅干しが嫌い?梅が満開だよ@神代植物公園

古木の白難波、ほぼ満開です。

近くのベンチに腰掛けて眺めていると梅の香に包まれてなんともぜいたくな時間。


Dscn0681

古語辞典で「梅」を引くと

「うめ[ノ実〕くひて酸(す)がりたる」と枕草子からの例文があります。

梅干しを食べて酸っぱがるのに清少納言はなんでいちゃもんをつけてるんだろう。

「似げなきもの」(似合わぬもの)をあげていて、例文の前に「歯もなき女の」とある。

ばあさんが梅干しを食べて、ああ酸っぱいと口をすぼめている様子が似つかわしくない−−となる。

むしろ似つかわしいよね。

もっと深い仔細がありそうです。

Dscn0683

→彩りで紅梅も。蓮久という品種。

  pen   pen

その前に「老いたる女の、腹高くてありく。若き夫持ちたるだに見苦しきに・・・」とあるのが鍵。

ばあさんが大きなお腹で歩いてるのや、若い夫を持ってるのは見苦しいと怒ってます。

そう、梅干しを食べてたばあさんは妊娠して酸っぱいものが欲しくなってるんです。

当時の人は歯が抜けるのが早かったんでしょうか。

お腹を大きくするんだから今ならばあさんという年じゃないですよね。

清少納言は梅干しが好きだったのか嫌いだったのか。

大げさに酸っぱがるのは好みじゃなかったみたいですね。

それにしても平安時代にはもう梅干しがあった。


Dscn0678_2

マンサクも開き始めてます。

オレンジビューティという種類。

ここんところの寒さでなかなか開かない。

ようやくポツポツとリボンを伸ばしてきてます。


    🐧   🐧  

そういえば今年はアオバトが来ないなあ。

1月の10日頃に1羽だけ顔を見せたみたいですがそれっきり。

どこでドングリを食べてるんでしょうか。

« オオイヌじゃなくて国産だよ・イヌノフグリの小さな花@野川公園 | トップページ | 梅もきらいよ桜もいやよ・・てなこと言わずに寒桜が満開@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオイヌじゃなくて国産だよ・イヌノフグリの小さな花@野川公園 | トップページ | 梅もきらいよ桜もいやよ・・てなこと言わずに寒桜が満開@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30