フォト
無料ブログはココログ

« 東郷神社で思い出すのは東郷女子学生会館@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その1 | トップページ | ♬ 昨日マー坊 今日トミー・花園神社$西向天神@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その2 »

2016年2月28日 (日)

鹿島がスピード感あふれる攻撃に脱皮@マチダが注目

広島、ガンバ、東京が敗れる波乱の展開。毎年のことながらACLの過密日程が影響を与えているようです。

A大サッカー部OBのマチダさんは脱皮した鹿島の縦にこだわる攻撃に拍手を送ります。

      shoe     shoe     shoe

広島0−1川崎F 

川崎が高い守備位置を取って金星です。DFはラインを上げ、FW陣は相手ボールに早い段階からチェックに行きました。

意思が徹底され前と後ろの間隔がコンパクトに形成されていて、最後まで崩れませんでした。

決勝点はそんな前線守備の成果。

センターライン中央でボールをカット、大久保に渡ります。

振り向くと、すぐさま左の中野へ。

ドリブルで仕掛け、相手DFと競りながら持込みゴロでマイナスに折り返します。

走り込んでいた小林が左足で合わせました。

cancercancer

広島は川崎のプレスに手を焼きました。

そのせいで青山から効果的なパスが出ません。

苦しい時に単独で突破出来る、ドウグラスの移籍が響きました。

昨季21点を挙げたストライカーがいないのは応えます。

森保監督は後半37分にウタカを投入します。

ドウグラスの穴埋めに清水から移籍させたのでしょうがチームに馴染むまでは時間がかかるでしょう。

sagittariussagittarius

G大阪0−1鹿島


鹿島サッカーの脱皮が進んでいるようです。

厳しい前線プレスからボールを奪うと一気に前へ攻めます。

横—横—横もザラだったかつての遅攻は影を潜め縦にこだわっていました。

とにかくスピード感のあふれる気持ちのいい試合になりました。

かなり体力を消耗するので、後半を心配しました。それも杞憂。

かなりキャンプで走らされたのではないでいょうか。

runrun

決勝点はカイオから生まれます。

後半24分に投入されると、すぐさま存在感を示します。

27分、右サイドを突破。

落ち着いてゴール前の動きを見ます。

走り込んできた鈴木に合わせてふんわりとしたセンタリング。

助走がついていた鈴木は頭一つ上に飛び上がってゴールへ叩き込みました。

最終ラインの昌子と植田の2人は鍵のかけ方はかなり厳しく、容易に突破をを許しません。

リーグ有数の固いDFに成長しています。

libralibra

ガンバは3月2日のACLを意識して、宇佐美、パトリックを外した布陣。

飛車角落ちではいかにも苦しい。

新戦力のアデミウソンはそれなりの存在感を示したものの、まだ圧倒的な仕事をするまでに至っていません。

早々にDF丹羽が負傷退場したのも響きました。

吹田スタジアムの柿落としが黒星じゃあ…せめて引き分けを。

後半21分、宇佐美を投入します。

しかしリズムに乗り切れないまま。鹿島のスピードある展開に押し切られました。

吹田スタジアム、いいですね。やはり専用でなけりゃ。

しかも市民のスタジアムです。

他の陸上との併用をしているチームも倣って欲しいものです。

小さな一歩が次につながることを期待しています。

チームが強くなれば手っ取り早いのでしょうがね。


                                        マチダ

« 東郷神社で思い出すのは東郷女子学生会館@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その1 | トップページ | ♬ 昨日マー坊 今日トミー・花園神社$西向天神@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東郷神社で思い出すのは東郷女子学生会館@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その1 | トップページ | ♬ 昨日マー坊 今日トミー・花園神社$西向天神@地下鉄の地上を歩く会・副都心線の2回目その2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30